心を込めて折伏を

日如上人猊下御指南

折伏は相手の人格を攻撃するのではなくして、間違った考えを指摘して救うことべあります。したがって「一切衆生悉有仏性」の経文を心肝に染めて相手を軽んずることなく、心から相手の幸せを願い、心を込めて折伏をすれば、やがてその心は相手に通じて折伏成就に至るのであります。
〔平成十八年九月号44ページ〕