ホーム » 日如上人猊下御指南 » 功徳の現証を示す

功徳の現証を示す

日如上人猊下御指南

折伏には説得力が必要であります。説得力が乏しいと相手はなかなか信じません。
したがって説得力を身につけなければなりませんが、しかし説得力といっても言葉がいくら巧みであっても、それだけでは相手は入信しません。
大聖人様は『法蓮抄』に、
凡夫は此の経は信じがたし。又修行しても何の詮かあるぺき。是を以
て之を思ふに、現在に眼前の証拠あらんずる人、此の経を説かん時は信ずる人もありやせん。(御書814ページ)
と仰せであります。すなわち、折伏に当たって最も説得力があるのは、信心の功徳を現証として示すことであります。

RSS 宝日記

  • 創価学会が経営コンサルに・・ 2021年5月8日
    ユーチューブを見ていて面白い動画を見かけた。長いものではないが「経営コンサルタントに将来の指南を仰いだ創価学会 […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • Re: おめでとうございます 2021年5月2日
    あけぼのさんへのお返事です。 ありがとうございます。 コロナ禍で色々と制約ができて大変ですね。 登山も、人数制 […]
    管理人

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。宝相寺は日蓮正宗総本山大石寺の末寺です。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。
お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
電話でも受け付けております。
携帯090-3656-1453

カウント

Visits today: _