ホーム » 日如上人猊下御指南 » 折伏によって罪障を消滅

折伏によって罪障を消滅

日如上人猊下御指南

(平成十八年九月号)

「其罪畢已」というのは、「其の罪畢え已って」と読みますが、これは不軽菩薩が上慢の四衆から受けた様々な迫害は過去世からの罪障によるものであり、この迫害を堪え忍んで社拝行を続けることによって「其の罪畢え已って」すなわち、過去世の罪障を消滅して仏道を成ずることができたということであります。

まさしく折伏も同様であり、折伏することによって、我々は過去世からの様々な罪障を消滅することができるのであります。
折伏が一生成仏のための最高の仏道修行であるという所以も、実にここにあるのであります。

〔平成十八年九月号43ページ〕

RSS 宝日記

  • 広布唱題行の日 2024年3月4日
    3日は朝9時から広布唱題行に参加致しました。午後からは講員さんの家族の法要があり、参詣し、家庭訪問も兼ねて新聞 […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • お見舞い 2024年1月9日
    震災並びに航空機事故のお見舞いを申し上げます。

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。宝相寺は日蓮正宗総本山大石寺の末寺です。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。
お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
電話でも受け付けております。
携帯090-3656-1453

293264
Users Today : 542
Users Yesterday : 1092
This Month : 3805
Who's Online : 28
Your IP Address : 44.200.77.92
Server Time : 2024-03-04