ホーム » ブログ集

ブログ集

日蓮正宗のススメ

  • 2021年4月9日1013夜:随想録(ブログ)を書き続けることの効用について
    ブログ (blog) は、World Wide Web上のウェブページに、覚え書きや論評などを記すウェブサイトである。「WebにLogする」のウェブログ (weblog) をブログ(Blog)と略称する。 Webとは「世界中どこにいても、コンピューターなどによって情報を得られるシステム」のこと。 logとは、丸太、測程器、航海日誌、旅行日記、(エンジン・ボイラーなどの)工程日誌などの意味を含む。( …
  • 2021年4月8日1012夜:自分の使命を果たしたいという願い
    孔子の言葉で「五十にして天命を知る」とあります。 『論語』の中に「子曰(のたま)わく、吾十有五(じゅうゆうご)にして学に志し、三十にして立ち、四十にして惑わず、五十にして天命を知る、六十にして耳従(したが)う、七十にして心の欲する所に従いて矩(のり)を踰(こ)えず。」とあります。 『論語』の口語訳によると、「先生がいわれた。わたしは15歳で学問に志し(志学 しがく)、30になって独立した立場を持ち …

延寿寺ブログ

  • 2021年2月16日令和3年 宗祖日蓮大聖人  御聖誕八百年記念法要
    みなさん、おめでとうございます。 宗祖日蓮大聖人御聖誕八百年記念法要を盛大に奉修されました。 今回の法要はコロナ禍ということもあり、御住職の計らいで10回に分けて奉修されました。1人でも多くの方が、慶祝法要に参詣できたと … …
  • 2021年2月16日令和3年 2月 少年部会
    こんばんは 今月の少年部会も子供たちが元気よく参加しました。 御住職が替わることになり、今回の少年部会が最後の会となりました。 御住職には信心の基本や姿勢を教わり、これからも御住職から教えていただいたことをしっかい行って … …

日蓮正宗法華講・普段着の折伏・瑠璃ブログ

  • 2021年3月29日足を踏み入れる日が来ますように…
    夢を見た… 浅い睡眠のなかでも夢は見る… たぶん私が心が沈み混んでる状態で眠りについたからなのか、だからこういう夢を見たのか…  夢の中の私は真っ暗闇の道を、1人で歩いていた。 目が慣れたのか暗くても見えるようになり、またひたすら歩いて行くと今度は掠れた闇風景に建物が見えてきた  三門だ   ここは本山だったのか   この闇は夜だったのか  現実ならライトが頻繁にあちらこちらに照らされて、うっとり …
  • 2021年3月15日礼節を重んじる
    最近、体に不調が起きている… 首や肩が痛くて、突っ張り感があり激痛もするので上下や左右に首を動かすのがなかなか出来ないし寝ていても痛くて困る 鎮痛剤ばかり飲んでて胃がやられそうで怖い(食欲がないし食べると激痛が起きる…)ブログもやっと書いている状態で近々 整形外科へ行こうと思う。 霊感といえば昔、A松さんという副講頭(平成22年6月に死亡)がいた。 法華講の大先輩で常に住職をお守りし、優しくて面倒 …

顕正会から日蓮正宗法華講へ移ったブログ

Error: Feed has an error or is not valid.

Michaelshacksonのブログ

  • 2021年3月15日煩悩
    大白法 平成27年4月16日刊(第907号)より転載一、苦しみの原因は何か仏教では、誰人も逃れることのできない苦しみとして、生老病死の四苦(しく)を説いていますが、私たちの人生にはこの四苦のほかにも、様々な苦労や悩みが次々と襲ってきます。この限りない苦悩は、いったい何によって、どこから生まれてくるのでしょうか。もし苦悩の本源を究明し、その源の用(はたら)きを変えることができるならば、私たちの人生か …
  • 2021年3月10日「逮捕前のコインランドリー事件」福岡5歳児餓死 “赤堀ユウナ”の虚言をママ友が問い詰めた!
    文春オンライン@bunshun_online 03月10日 19時点で注目されている写真はこちら「逮捕前のコインランドリー事件」福岡5歳児餓死 “赤堀ユウナ”の虚言をママ友が問い詰めた! → @bunshun_onlinehttps://t.co/z1vRrSrrrj2021年03月10日 19:11「逮捕前のコインランドリー事件」福岡5歳児餓死 “赤堀ユウナ”の虚言をママ友が問い詰めた!「赤堀は …

真実の仏法をコツコツと伝える人のブログ

  • 2021年4月8日「父母恩重経(ぶもおんじゅうきょう)」
    ※信仰のさんぽ道より抜粋私達は両親との因縁があって、この世に生まれました。「父母恩重経(ぶもおんじゅうきょう)」と呼ばれるお経には親の「十恩(じゅうおん)」が説かれています。1、出産までの十ヶ月、胎児を守る「懐胎守護(かいたいしゅご)」の恩」2、耐え難い陣痛の苦しみを経て出産する「臨生受苦(りんしょうじゅく)の恩」3.いままでの苦しみを忘れ、子が生まれてきたことを喜ぶ「生子忘憂(しょうしぼうゆう) …
  • 2021年3月28日日曜日、ぽけーとフト思うこと。
    戒や、業など。縁やら、因と果のことを考える中。フト、思う。子が親への恩を返し尽くすことなどないような気がする。亡くなっても親と子は続き、親は子を支え続ける。もちろんだからといって、恩返しを諦める思考は不届きな話。感謝の気持ちを忘れずに素直な気持ちで進んでいきたい。  …

法華講・宝日記

  • 2021年4月9日活動にでる
    久々に訪問折伏。9割は世間事の話で1割ほどは信心の話ができたと思う。悩み事はあるものの信心には踏み出せないもよう。帰りにはお土産まで頂いたが、友人づきあいも折伏には大切なことだと思う。 …
  • 2021年4月8日ポックリ死
    ポックリ死は仏法では悪い死に方に悪い死に方にであるという興味深い記事を見つけた。ぽっくり寺などという名前もあるしくらいであり、一般の人が望む死に方かと思っていましたが臨終正念が得られないということで良くはないらしい。また時間についても体感時間というのは、… …

交流談話室

  • 2021年4月10日Re: ぽっくり死にたい
    あけぼのさんへのお返事です。 > 日々お年寄りと接してますと、よく「ぽっくり死にたい」という方を見かけます。 やはりそうですか。 どうも死を忌み嫌う傾向にありますから若い時から、死について考えることを避けているように思います。 信仰のことも考えない。 御書に曰く 「臨終のことをなろうて後に他事をなろうべし」 心したいところです。 我々、まったくつまらない、或いは苦しい人生のように思えても人間 …
  • 2021年4月9日ぽっくり死にたい
    日々お年寄りと接してますと、よく「ぽっくり死にたい」という方を見かけます。 寿命も長くなり、90を過ぎても若い人なみに元気な高齢者は珍しくなくなりました。 中には「ぽっくり死にたいと毎日仏壇に手を合わせている、もう十分長生きしたから」とおっしゃる人も。 「ぽっくりいきたいとお題目唱えてます」なんておばあさんもいる。 じゃ、何に向かってお題目唱えてるのか? よくよく聞いてみると「死んだ亭主」「仏さん …

RSS 宝日記

  • 活動にでる 2021年4月9日
    久々に訪問折伏。9割は世間事の話で1割ほどは信心の話ができたと思う。悩み事はあるものの信心には踏み出せないもよ […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • Re: ぽっくり死にたい 2021年4月10日
    あけぼのさんへのお返事です。 > 日々お年寄りと接してますと、よく「ぽっくり死にたい」という方を見かけます。 […]
    管理人

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。宝相寺は日蓮正宗総本山大石寺の末寺です。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。
お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
電話でも受け付けております。
携帯090-3656-1453

カウント

Visits today: _