ブログ集

が投稿

日蓮正宗のススメ

  • 2020年10月8日耳根得道再び:コウモリさん、頑張れ!
    初めて見つけたときは、枯れ葉か何かがくっついているのかなって思いました。 コウモリだと気づいてからもしばらくは、死んでいるのか?生きているのか?よく分かりませんでした。 翌日。。。 生きていました。 でも、左の翼は破れていました。 飛べなくなって、休息していたようです。 野生の動物なので、触れることはできません。 コマ切れ肉を置いてみたりしましたが、食べる気配はありませんでした。 水も飲ませてあげ …
  • 2020年10月8日おカネの切れ目が恋の始まり:三浦春馬さんの死を悼みながら、最終話まで視聴しました。
    とてもいいドラマでした お金を湯水のように使ってしまう、ボンボン役の三浦さん。 三浦さんの金銭感覚を矯正するために、指導役を指名された松岡さん。 過去に何かがありそうな、松岡さんの心を三浦さんがほぐしながら、これから二人の恋路がはじまりそうで。。。というところで3話目が終了してしまいました。 www.tbs.co.jp 三浦さんが亡くなったのが7月。 時が経つのって、本当に早いもですね。 nich …

延寿寺ブログ

  • 2020年10月11日令和2年 少年部会
    少年部会で御会式のお花を少年部がお手伝いさせて頂きました。 みんな真剣にお花作りをしていました。最初はどうやるか戸惑いながらお花を作っていましたが、少しづつ慣れてきて楽しくお花を作っていました。 …
  • 2020年10月11日令和2年 10月度 御報恩御講
    こんばんは 今日は御報恩御講に参詣してきました。 高知県は台風も過ぎ天候の良い日となりました。台風の被害もこれといってなく今日を迎えることができました。 朝の寒暖差は油断できません。体調管理に気をつけ100日唱題をやりき … …

日蓮正宗法華講・普段着の折伏・瑠璃ブログ

  • 2020年10月20日夕焼けの富士
    松戸かぁ~  こうやって松戸からでも富士山が見えるなんて驚きですね  噂によると、うちの寺院の近くにKI町があって、高台に登ると富士山が見えるらしいです(今度ヒマな時に見てみようかな) どっからでも見る事ができるなんて、富士山ってほんと大きな山なんですね/^o^\   https://news.yahoo.co.jp/articles/73093a7585a841174edefd6656433fd …
  • 2020年10月19日愛、同志 ―互いが歩む道―
    私がまだ子供の頃に父から聞いた話。 父は初代Y講頭さん(現在のY講頭の父)と仲が良くて、しょっちゅう家に遊びに行っていた。気が合う、間が合う、会話が合うの三拍子揃いで,どういうわけか私もそうなのだが九州出身の方々と話が合います。(ちなみに私の場合は東北地方出身者とも話が合います)ある日、初代Y講頭の娘である婦人部長T子ちゃん(現在のY講頭の姉)の旦那さんの清さんはT子ちゃんがバリバリの看護師時代に …

顕正会から日蓮正宗法華講へ移ったブログ

Error: Feed has an error or is not valid.

Michaelshacksonのブログ

  • 2020年10月15日戒壇の大御本尊の御首題について論考す
    ■ 有師物語聴聞抄佳跡上 大石寺三十一代隠居日因在御判。本門戒壇の御本尊の寸尺、長四尺七寸五分、横弐尺壱寸七分、厚弐寸弐分御首題御勧請皆金薄入りなり、仏滅後二千二百廿余年等と云云、御端書、右為現当二世造立如件、本門戒壇之、願主弥四郎国重敬白、法華講衆等、弘安二年十月十三(※私註・「十二」の誤植か)日云云、当山に之有り、又之に就て二箇御相承、又興師より日目上人に御遺状等之有り後代の為に之を書きおく者 …
  • 2020年10月14日戒壇の大御本尊の"科学的鑑定"とやらについて
    ▼「宗門は戒壇の大御本尊をなぜ科学的鑑定しないのか? それは戒壇の大御本尊が偽作であることがばれてしまうからではないか? それが怖くて宗門では科学的鑑定ができないのだ!」 と嘯く(うそぶく)者達は、逆に言えば「科学的な鑑定が出れば信じる。」ということであるはずである。 しかし、"科学的鑑定"と一概に言っても、研究者によって判定結果は一様ではないのである。 それでは一体、どういう …

真実の仏法をコツコツと伝える人のブログ

  • 2020年10月18日法華経の話、邪宗破折。
    「因果律」をもとにした仏法は、世界でも高等な教えであると言われています。それを「初めに」唱えた釈尊の経典も、つじつまの合わないものはない、と言われます。 段階を得て教えを説き、「華厳」・「阿含」・「方等」・「般若」そして、「法華」。法華以前の教えは、それを説くための足場固めであり、真に幸せになれるものではないから忘れなさい、と、「方便の教え」であるとのことは経典にも載っています。 現に、己の「我欲 …
  • 2020年10月13日仏典童話、ふくろうの夢
    仏典童話「ふくろうの夢」 お月様のひときわ明るい晩でした。バサバサッ!と羽音をたてて、ふくろうが高い木の枝にとまりました。ふくろうは、少しでもお月様の近くにゆきたかったのです。 大きな瞳でじっと月を見上げ、やがて月明かりの下に広がる野原を見渡して、満ち足りた夜を過ごしていました。 月がしだいに傾きはじめ、ふくろうのまぶたもしだいに重たくなってきました。そのとき、 「ふくろうや・・」と、お月様に呼ば …

法華講・宝日記

  • 2020年10月18日仏壇に住む虫
    仏壇を掃除していると極小さな虫に遭遇することがある。埃(ホコリ)と間違えてしまいそうで小さな粒以外は何も見えない。しかして動くのが確認できる。布巾などで下手に払うと潰してしまってその体液で仏壇が汚れてしまうのでテッシュなどで軽く払う。何を食べて生きている… …
  • 2020年10月16日指導会に参加
    和歌山市の妙海寺での指導会に参加しました。疫病は、邪宗邪義による謗法が充満するゆえであるとのこと。社会、経済的にも大きな被害を被り、活動においても制約を余儀なくされる。今こそ日蓮大聖人の立正安国論の正義を顕揚しなければならない時であり、この100日間唱題行を… …

交流談話室

  • 2020年9月16日Re: 令和おじさん総理大臣へ!
    瑠璃さんへのお返事です。 なるほど、令和おじさんが令和の総理という筋書きはおもしろいですね。 令和になってまだいいことがあまりないような気がします。 総理が代わって世の中も良くなればいいですが、果たしてどうでしょうか・・・ …
  • 2020年9月15日令和おじさん総理大臣へ!
    マスコミから〝令和おじさん 〟と、あだ名を付けられた菅官房長官が今度は総理大臣に! ちょっと驚きましたね(笑) こういうのも決して偶然じゃないんですよね これからの日本がどうなるか公明党側がどう対立するのか ( 'ω'o[ 令和 ]o 令和になって初の総理大臣が〝令和おじさん 〟って(笑) なんかもう決められていた感じですよね …