北条弥源太への御状 (十一通御書)

御書1

北条弥源太への御状 (十一通御書)
文永 五年 十月 十一日  四七歳

 去る月御来臨。急ぎ急ぎ御帰宅本意なく存ぜしめ候ひ畢んぬ。
 抑蒙古国牒状到来の事、上一人より下万民に至るまで驚動極まり無し。然りと雖も何なる故と人未だ之を知らず。日蓮兼ねて存知せしむるの間、既に一論を造りて之を進覧せり。微先立って顕はる、則ち災ひ必ず後に来たる。去ぬる正嘉元年丁巳八月廿三日戌亥刻の大地震、是併ら此の瑞に非ずや。法華経に云はく「如是相」と。天台大師云はく「蜘蛛掛かりて喜び事来たり、鵲鳴きて行人来たる」と。易に云はく「吉凶動に於て生ず」と。此等の本文豈替はるべけんや。所詮諸宗の帰依を止めて一乗妙経を信受せしむべきの由、勘文を捧げ候。

 日本亡国の根源は、浄土・真言・禅宗・律宗の邪法悪法より起これり。諸宗を召し合はせ諸経の勝劣を分別せしめ給へ。殊に貴辺は相模守殿の同姓なり。根本滅せんに於ては枝葉豈栄へんや。早く蒙古国を調伏し国土安穏ならしめ給へ。法華を謗ずる者は三世諸仏の大怨敵なり。天照太神・八幡大菩薩等、此の国を捨て給ふ故に大蒙古国より牒状来たるか。自今已後各々生け取りと成り他国の奴と成るべし。

 此の趣方々へ之を驚かし、愚状を進ぜしめ候なり。恐々謹言。

 文永五年戊辰十月十一日             日 蓮 花押
謹上 弥源太入道殿