安国論副状

御書1

安国論副状   
文永五年  四七歳
未だ見参に入らずと雖も、事に触れ書を奉るは常の習ひに候か。  抑正嘉元年太歳丁巳八月二十三日戌亥の刻大地震日蓮諸経を引いて之を勘ふるに、念仏宗・禅宗等と御帰依有るの故に、日本国中の守護の諸大善神恚りに依って起こす所の災なり。若し御対治無くんば他国の為に此の国を破らるべき悪瑞の由、勘文一通之を撰して立正安国論と号し、正元二年太歳庚申七月十六日宿屋入道に付けて、故最明寺入道殿に之を進覧せしむ。