ホーム » 御書 » 御書1 » 多宝寺への御状 (十一通御書)

多宝寺への御状 (十一通御書)

御書1

多宝寺への御状 (十一通御書)
  文永五年 十月 十一日 四七歳

日蓮、故最明寺殿に奉りたるの書、立正安国論御披見候か。未萌を知りて之を勘へ申す処なり。既に去ぬる正月、蒙古国の簡牒到来す。何ぞ驚かざらんや。此の事不審千万なり。縦ひ日蓮は悪しと雖も勘ふる所の相当たるに於ては何ぞ用ひざらんや。早く一所に集りて御評議有るべし。若し日蓮が申す事を御用ひなくんば、今生には国を亡ぼし後生は必ず無間大城に堕すべし。

 此の旨方々へ之を申さしめし処なり。敢へて日蓮が私曲に非ず。委しく御報に預かるべく候。言は心を尽くさず、書は言を尽くさず。併ら省略せしめ候。恐々謹言。

文永五年戊辰十月十一日 日 蓮 花押
謹上 多宝寺侍司御中

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
携帯電話は090-3656-1453

RSS ブログ

  • 今日も梅雨空 2019年7月20日
    今日も梅雨空でややもすると大雨になりやすいようだ。先日入仏式を迎えたかたも早速いろいろな魔が競っているようだ。 […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • Re砲台さん、瑠璃さん 2019年7月20日
    投稿ありがとうございます。 また、よろしくお願い致します。 ゴーヤを頂きましたので画像アップいたします。
    管理人
管理人にツィート(このツィッターボタンから管理人にツィートできます)⇒

カウント

Visits today: _