富木殿御返事 

御書1

富木殿御返事 

文永九年四月十日  五一歳
鵞目員数の如く給び候ひ了んぬ。御志申し遂げ難く候。法門の事は先度四条三郎左衛門尉殿に書持せしむ。其の書能く能く御覧有るべし。  粗経文を勘へ見るに日蓮が法華経の行者たる事疑ひ無きか。但し今に天の加護を蒙らざるは、 一には諸天善神此の悪国を去る故か。 二には善神法味を味はゝざる故に威光勢力無きか。 三には大悪鬼三類の心中に入り梵天・帝釈も力及ばざるか等、一々の証文・道理追って之を進ぜしむべし。  但生涯本より思ひ切り了んぬ。今に翻返ること無く其の上又違恨無し。諸の悪人は又善知識なり。摂受・折伏の二義は仏説に任す。敢へて私曲に非ず。万事霊山浄土を期す。恐々謹言。  

            卯月十日                日 蓮 花押  土木殿   
日蓮が臨終一分も疑ひ無し。頭を刎ねらるゝの時は殊に喜悦有るべく候。大賊に値ふて大毒を宝珠に易ふと思ふべきか。