ホーム » 御書 » 御書1 » 当体義抄送状

当体義抄送状

御書1

当体義抄送状
文永十年  五二歳  
問ふ、当体蓮華解し難し。故に譬喩を仮りて之を顕はすとは、経文に証拠 有るか。答ふ、経に云はく「世間の法に染まざること、蓮華の水に在るが如 し、地より涌出す」云云。地涌の菩薩の当体蓮華なり。譬喩は知んぬべし。  以上後日に之を改め書すべし。此の法門は妙経所詮の理にして釈迦如来の 御本懐、地涌の大士に付嘱せる末法に弘通せん経の肝心なり。国主信心あら んの後始めて之を申すべき秘蔵の法門なり。日蓮より最蓮房に伝へ畢んぬ。                      日 蓮 花押

RSS 宝日記

  • 創価学会に折伏される💦 2024年5月22日
    創価学会に折伏されると言っても私ではありません(^_^;)家の整理をしていたら昔の創価学会の「折伏教典」という […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • お見舞い 2024年1月9日
    震災並びに航空機事故のお見舞いを申し上げます。

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。宝相寺は日蓮正宗総本山大石寺の末寺です。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。
お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
電話でも受け付けております。
携帯090-3656-1453

373312
Users Today : 564
Users Yesterday : 948
This Month : 24515
Who's Online : 31
Your IP Address : 3.229.117.191
Server Time : 2024-05-26