富木殿御消息 (大師講事)

御書2

 富木殿御消息 (大師講事)              文永六年六月七日  四八歳 大師講の事。  今月は明性房にて候が、此の月はさしあい候。余人の中せんと候人候はゞ申させ給へと候。貴辺如何仰せを蒙り候はん。又御指し合いにて候わば他処へ申すべく候。恐々謹言。 六月七日            日 蓮 花押 土木殿