十如是事 (法華経肝心抄) 

御書2

十如是事 (法華経肝心抄)  
              正嘉二年  三七歳
 我が身が三身即一の本覚の如来にてありける事を今の経に説いて
云はく
   如是相 
  如是性 
  如是体 
  如是力 
  如是作 
  如是因 
  如是縁 
  如是果 
  如是報 
  如是本末究竟等。

  初めに如是相とは我が身の色形に顕はれたる相を云ふなり。
 是を応身如来とも、又は解脱とも、又は仮諦とも云ふなり。
 次に如是性とは我が心性を云ふなり。是を報身如来とも、又は般若
 とも、又は空諦とも云ふなり。
  三に如是体とは我が此の身体なり。
 是を法身如来とも、又は中道とも、法性とも、寂滅とも云ふなり。 されば此の三如是を三身如来とは云ふなり。此の三如是が三身如来
 にておはしましけるを、よそに思ひへだてつるが、はや我が身の上
 にてありけるなり。かく知りぬるを法華経をさとれる人とは申すな
 り。
  此の三如是を本として、是よりのこりの七つの如是はいでて十如
 是とは成りたるなり。此の十如是が百界にも千如にも三千世間にも
 成りたるなり。

  かくの如く多くの法門と成りて八万法蔵と云はるれども、すべて
 只一つの三諦の法にて三諦より外には法門なき事なり。

  其の故は百界と云ふは仮諦なり、千如と云ふは空諦なり、三千と
 云ふは中諦なり。

  空と仮と中とを三諦と云ふ事なれば、百界千如三千世間まで多く
 の法門と成りたりと云へども唯一つの三諦にてある事なり。
 されば始めの三如是の三諦と、終はりの七如是の三諦とは、唯一つ
 の三諦にて始めと終はりと我が一身の中の理にて、唯一物にて不可
 思議なりければ、本と末とは究竟して等しとは説き給へるなり。

  是を如是本末究竟等とは申したるなり。始めの三如是を本とし、
 終はりの七如是を末として、十の如是にてあるは、我が身の中の三
 諦にてあるなり。

  此の三諦を三身如来とも云へば、我が心身より外には善悪に付け
 てかみすじ計りの法もなき物を、されば我が身が頓て三身即一の本
 覚の如来にてはありける事なり。

  是をよそに思ふを衆生とも迷ひとも凡夫とも云ふなり。
是を我が身の上と知りぬるを如来とも覚りとも聖人とも智者とも云
ふなり。
かう解り明らかに観ずれば、此の身頓て今生の中に本覚の如来を
顕はして即身成仏とはいはるゝなり。
譬へば春夏田を作りうへつれば、秋冬は蔵に収めて心のまゝに用
ふるが如し。春より秋をまつ程は久しき様なれども、一年の内に待
ち得るが如く、此の覚りに入りて仏を顕はす程は久しきやうなれど
も、一生の内に顕はして我が身が三身即一の仏となりぬるなり。

  此の道に入りぬる人にも上中下の三根はあれども、同じく一生の
内に顕はすなり。上根の人は聞く所にて覚りを極めて顕はす。
中根の人は若しは一日、若しは一月、若しは一年に顕はすなり。
下根の人はのびゆく所なくてつまりぬれば、一生の内に限りたる事
なれば、臨終の時に至りて諸のみえつる夢も覚めてうつゝになりぬ
るが如く、只今までみつる所の生死妄想の邪思ひ、ひがめの理はあ
と形もなくなりて、本覚のうつゝの覚りにかへりて法界をみれば皆
寂光の極楽にて、日来賤しと思ひし我が此の身が、三身即一の本覚
の如来にてあるべきなり。秋のいねには早と中と晩との三つのいね
有れども一年の内に収むるが如く、此も上中下の差別ある人なれど
も、同じく一生の内に諸仏如来と一体不二に思ひ合はせてあるべき
事なり。

  妙法蓮華経の体のいみじくおはしますは、何様なる体にておはし
ますぞと尋ね出だしてみれば、我が心性の八葉の白蓮華にてありけ
る事なり。されば我が身の体性を妙法蓮華経とは申しける事なれば、
経の名にてはあらずして、はや我が身の体にてありけると知りぬれ
ば、我が身頓て法華経にて、法華経は我が身の体をよび顕はし給ひ
ける仏の御言にてこそありければ、やがて我が身三身即一の本覚の
如来にてあるものなり。かく覚りぬれば無始より已来、今まで思ひ
ならはしゝひが思ひの妄想は、昨日の夢を思ひやるが如く、あとか
たもなく成りぬる事なり。是を信じて一遍も南無妙法蓮華経と申せ
ば、法華経を覚りて如法に一部をよみ奉るにてあるなり。十遍は十部、百 遍は百部、千遍は千部を如法によみ奉るにてあるべ
きなり。かく信ずるを如説修行の人とは申すなり。
南無妙法蓮華経。
               日 蓮 花 押