武蔵殿御消息

御書2

武蔵殿御消息   正元元年七月一七日  三八歳

 摂論三巻は給び候へども、釈論等の各疏候はざるあひだ事ゆかず候。をなじくは給ひ候ひてみあわすべく候。見参の事いつにてか候べき。仰せをかほり候はん。
 八講はいつにて候やらん。

  七月十七日                日 蓮 花 押
 武蔵殿御房