ホーム » 御書 » 御書2 » 武蔵殿御消息

武蔵殿御消息

御書2

武蔵殿御消息   正元元年七月一七日  三八歳

 摂論三巻は給び候へども、釈論等の各疏候はざるあひだ事ゆかず候。をなじくは給ひ候ひてみあわすべく候。見参の事いつにてか候べき。仰せをかほり候はん。
 八講はいつにて候やらん。

  七月十七日                日 蓮 花 押
 武蔵殿御房

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
携帯電話は090-3656-1453

RSS ブログ

  • 8月の推進会 2019年8月18日
    昨日は8月の推進会かあり参加した。婦人部対象ということで目標数を大きく上回った。後半の勇躍前進に期待できそうで […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

管理人にツィート(このツィッターボタンから管理人にツィートできます)⇒

カウント

Visits today: _