妙心尼御前御返事(八月二十五日) 

御書2

妙心尼御前御返事              建治元年八月廿五日  五四歳
 すゞの御志送り給び候ひ了んぬ。  をさなき人の御ために御まぼりさづけまいらせ候。この御まぼりは、法華経のうちのかんじん、一切経のげんもくにて候。たとへば、天には日月、地には大王、人には心、たからの中には如意宝珠のたま、いえにははしらのやうなる事にて候。  このまんだらを身にたもちぬれば、王を武士のまぼるがごとく、子ををやのあいするがごとく、いをの水をたのむがごとく、草木のあめをねがうがごとく、とりの木をたのむがごとく、一切の仏神等のあつまりまぼり、昼夜にかげのごとくまぼらせ給ふ法にて候。よくよく御信用あるべし。あなかしこ、あなかしこ。恐々謹言。  八月二十五日               日  蓮 花押 妙心尼御前御返事