観心本尊抄副状 (観心本尊抄送状)

御書2

観心本尊抄副状 (観心本尊抄送状)
                文永 十年 四月 廿六日 五二歳  
帷一つ、墨三長、筆五管給び候ひ了んぬ。 観心の法門少々之を註し、太田殿・教信御房等に奉る。 此の事日蓮当身の大事なり。 之を秘して無二の志を見ば之を開拓せらるべきか。 此の書は難多く答へ少なし、未聞の事なれば人の耳目之を驚動すべきか。 設ひ他見に及ぶとも、三人四人座を並べて之を読むこと勿れ。 仏滅後二千二百二十余年、未だ此の書の心有らず、国難を顧みず五五百歳を期して之を演説す。 乞ひ願はくば一見を歴来たるの輩、師弟共に霊山浄土に詣でて、三仏の顔貌を拝見したてまつらん。 恐々謹言。    文永十年太歳癸酉卯月廿六日       日 蓮 花押 富木殿御返事

帷一つ、墨三長、筆五管給び候ひ了んぬ。 観心の法門少々之を註し、太田殿・教信御房等に奉る。 此の事日蓮当身の大事なり。 之を秘して無二の志を見ば之を開拓せらるべきか。 此の書は難多く答へ少なし、未聞の事なれば人の耳目之を驚動すべきか。 設ひ他見に及ぶとも、三人四人座を並べて之を読むこと勿れ。 仏滅後二千二百二十余年、未だ此の書の心有らず、国難を顧みず五五百歳を期して之を演説す。 乞ひ願はくば一見を歴来たるの輩、師弟共に霊山浄土に詣でて、三仏の顔貌を拝見したてまつらん。 恐々謹言。    文永十年太歳癸酉卯月廿六日       日 蓮 花押 富木殿御返事

観心本尊抄副状 (観心本尊抄送状)