富木殿御返事

御書2

富木殿御返事   文永七年  四九歳  
白米一ほかひ本斗六升たしかに給候。ときれうも候はざりつるに悦び入り候。何事も見参にて申すべく候。  乃時                         花押 富木殿