ホーム » 御書 » 御書3 » 春之祝御書

春之祝御書

御書3

春之祝御書 文永十二年一月  五四歳

 春のいわいわすでに事ふり候ひぬ。さては故なんでうどのはひさしき事には候はざりしかども、よろづ事にふれて、なつかしき心ありしかば、をろかならずをもひしに、よわひ盛んなりしにはかなかりし事、わかれかなしかりしかば、わざとかまくらよりうちくだかり、御はかをば見候ひぬ。それよりのちはするがのびんにはとをもひしに、このたびくだしには人にしのびてこれヘきたりしかば、にしやまの入道殿にもしられ候はざりし上は力をよばずとをりて候ひしが、心にかゝりて候。その心をとげんがために此の御房は正月の内につかわして、御はかにて自我偈一巻よませんとをもひてまいらせ候。御とのゝ御かたみもなしなんどなげきて候へば、とのをとゞめをかれける事よろこび入って候。故殿は木のもと、くさむらのかげ、かよう人もなし、仏法をも聴聞せんず、いかにつれづれなるらん、をもひやり候へばなんだもとゞまらず。とのゝ法華経の行者うちぐして御はかにむかわせ給はんには、いかにうれしかるらん、いかにうれしかるらん。

RSS 宝日記

  • 4月度広布推進会に参加 2024年4月20日
    4月度の広布推進会が奈良県の仏覚寺で開催され参加致しました。壮年部対象という事で、各支部の壮年部代表が決意を発 […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • お見舞い 2024年1月9日
    震災並びに航空機事故のお見舞いを申し上げます。

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。宝相寺は日蓮正宗総本山大石寺の末寺です。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。
お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
電話でも受け付けております。
携帯090-3656-1453

339430
Users Today : 558
Users Yesterday : 1097
This Month : 18606
Who's Online : 8
Your IP Address : 3.235.172.123
Server Time : 2024-04-21