正嘉地震大瑞御書

御書3

正嘉地震大瑞御書     文永期
去ぬる正嘉元年丁巳大地震此の大瑞日本の日記に見ざるか 日蓮諸経を引き勘ふるに、念仏宗と禅宗等との邪法此の国に出現し、存の外に国中の上下鎮護国家の為の大法を蔑如せしむるに依って、法華・真言の国中守護の諸大善神瞋恚を為し、悉く他国に向かふが故に起こる所の災難なり。此の国将に他国に襲はるべし等云云。具には故最明寺入道殿に奉る勘文の如し谷土野禅門之を尋ぬべし。念仏者並びに檀那等之を聞きて怨を成すこと、譬へば不軽菩薩の増上慢の四衆の如し。