転重軽受法門 (与三子書)

御書3

転重軽受法門 (与三子書) 文永八年十月五日  五〇歳  修利槃特と申すは兄弟二人なり。一人もありしかば、すりはんどくと申すなり。各々三人は又かくのごとし。一人も来たらせ給へば三人と存じ候なり。  涅槃経に転重軽受と申す法門あり。先業の重き今生につきずして、未来に地獄の苦を受くべきが、今生にかゝる重苦に値ひ候へば、地獄の苦しみぱっときへて、死に候へば人・天・三乗・一乗の益をうる事の候。不軽菩薩の悪口罵詈せられ、杖木瓦礫をかほるも、ゆへなきにはあらず。過去の誹謗正法のゆへかとみへて「其罪畢已」と説かれて候は、不軽菩薩の難に値ふゆへに、過去の罪の滅するかとみへはんべり 是一。 又付法蔵の二十五人は仏をのぞきたてまつりては、皆仏のかねて記しをき給へる権者なり。其の中に第十四の提婆菩薩は外道にころされ、第二十五師子尊者は檀弥栗王に頚を刎ねられ、其の外仏陀密多・竜樹菩薩なんども多くの難にあへり。又難なくして、王法に御帰依いみじくて、法をひろめたる人も候。これは世に悪国・善国有り、法に摂受・折伏あるゆへかとみへはんべる。正像猶かくのごとし。中国又しかなり。これは辺土なり。末法の始めなり。かゝる事あるべしとは、先にをもひさだめぬ。期をこそまち候ひつれ 是二。  この上の法門は、いにしへ申しをき候ひき、めづらしからず。  円教の六即の位に観行即と申すは「行ずる所言ふ所の如く、言ふ所行ずる所の如し」と云云。理即・名字の人は円人なれども、言のみありて真なる事かたし。例せば外典の三墳・五典等は読む人かずをしらず。かれがごとくに世ををさめふれまう事、千万が一つもかたし。されば世のをさまる事も又かたし。法華経は紙付に音をあげてよめども、彼の経文のごとくふれまう事かたく候か。譬喩品に云く「経を読誦し書持すること有らん者を見て、軽賤憎嫉して結恨を懐かん」と。法師品に云く「如来の現在すら猶怨嫉多し、況んや滅度の後をや」と。勧持品に云く「刀杖を加へ乃至数々嬪出せられん」と。安楽行品に云く「一切世間、怨多くして信じ難し」と。此等は経文には候へども、何世にかゝるべしともしられず。過去の不軽菩薩・覚徳比丘なんどこそ、身にあたりてよみまいらせて候ひけるとみへはんべれ。現在には正像二千年はさてをきぬ。末法に入っては、此の日本国には当時は日蓮一人みへ候か。昔の悪王の御時、多くの聖僧の難に値ひ候ひけるには、又所従眷属等・弟子檀那等いくそばくかなげき候ひけんと、今をもちてをしはかり候。今日蓮法華経一部よみて候。一句・一偈に猶受記をかほれり。何に況んや一部をやと、いよいよたのもし。但をほけなく国土までとこそ、をもひて候へども、 我と用ひられぬ世なれば力及ばず。しげきゆへにとゞめ候ひ了んぬ。 文永八年辛未十月五日             日 蓮 花押  大田左衛門尉殿  蘇谷入道殿  金原法橋御房       御返事