行敏御返事

御書4

行敏御返事    文永八年七月十三日  五〇歳

 行敏初度の難状
 未だ見参に入らずと雖も、事の次を以て申し承るは常の習ひに候か。

 抑風聞の如くんば所立の義尤も以て不審なり。法華の前に説ける一切の諸経は、皆是妄語にして出離の法に非ずと 是一。
 大小の戒律は世間を誑惑して悪道に堕せしむるの法と 是二。
 念仏は無間地獄の業たりと 是三。
 禅宗は天魔の説、若し依って行ずる者は悪見を増長すと 是四。
 事若し実ならば仏法の怨敵なり。仍って対面を遂げて悪見を破らんと欲す。
将又其の義無くんば争でか悪名を被らざらん、痛ましきかな。是非に付き委しく示し給はるべきなり。恐々謹言。

 七月八日                     僧行敏 在判
日蓮阿闍梨御房

 条々御不審の事、私の問答は事行き難く候か。然れば上奏わ経られ、仰せ下さるゝの趣に随って是非を糾明せらるべく候か。
 此くの如く仰せを蒙り候条、尤も庶幾する所に候。恐々謹言。
  七月十三日                 日 蓮 花押
行敏御房御返事