ホーム » 御書 » 御書4 » 持妙尼御前御返事(妙心尼御前御返事)

持妙尼御前御返事(妙心尼御前御返事)

御書4

持妙尼御前御返事 (妙心尼御前御返事)
建治二年十一月二日 五五歳

 御そうぜんれう送り給び候ひ了んぬ。すでに故入道殿のかくるゝ日にておはしけるか。とかうまぎれ候ひけるほどに、うちわすれて候ひけるなり。よもそれにはわすれ給はじ。

 蘇武と申せしつわものは、漢王の御使ひに胡国と申す国に入りて十九年、めもおとこをはなれ、おとこもわするゝ事なし。あまりのこひしさに、おとこの衣を秋ごとにきぬたのうへにてうちけるが、おもひやとをりてゆきにけん、おとこのみゝにきこへけり。ちんしといゝしものは、めおとこはなれけるに、かゞみをわりてひとつづつとりにけり。わするゝ時はとりとびさりけり。さうしといゐしものは、おとこをこひてはかにいたりて木となりぬ。相思樹と申すはこの木なり。大唐へわたるにしがの明神と申す神をはす。おとこのもろこしへゆきしをこひて神となれり。しまのすがたをうなににたり。まつらさよひめといふ是なり。いにしへよりいまにいたるまで、をやこのわかれ、主従のわかれ、いづれかつらからざる。されどもおとこをんなのわかれほどたとげなかりけるはなし。過去遠々より女の身となりしが、このおとこ娑婆最後のぜんちしきなりけり。

 ちりしはなをちしこのみはさきむすぶ いかにこ人のかへらざるらむ
 こぞもうくことしもつらき月日かな おもひはいつもはれぬものゆへ
 法華経の題目となへまいらせて、まいらせ候へ。
   十一月二日              日  蓮 花押
持妙尼御前御返事

RSS 宝日記

  • 7月度広布推進会 2024年7月15日
    7月度の広布推進会が奈良県の妙住寺で開催され、参加致しました。「折伏前進の年」も後半のスタートになる今回の推進 […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • 暑中見舞い 2024年7月5日
    暑中お見舞い申し上げます。 猛暑の砌、お体をご自愛くださいませ。

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。宝相寺は日蓮正宗総本山大石寺の末寺です。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。
お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
電話でも受け付けております。
携帯090-3656-1453

420887
Users Today : 472
Users Yesterday : 837
This Month : 14882
Who's Online : 25
Your IP Address : 3.238.121.7
Server Time : 2024-07-16