ホーム » 御書 » 御書5 » 四條金吾殿御返事 (八風抄)

四條金吾殿御返事 (八風抄)

御書5
四條金吾殿御返事 (八風抄) 建治三年四月  五六歳  

はるかに申しうけ給はり候はざりつれば、いぶせく候つるに、□□て候。又□御つかいと申し、よろこび入って候。又まほりまいらせ候。所領の間の御事は上よりの御文ならびに御消息、引き合せて見候畢んぬ。此の事は御文なきさきにすいして候。上には最大事とをぼしめされて候へども、御きんずの人人のざんそうにて、あまりに所領をきらい、上をかろしめたてまつり候、ぢうあうの人こそををく候に、かくまで候へば、且らく御恩をばおさへさせ給ふべくや候らんと申すらんとすいして候なり。それにつけては御心えあるべし、御用意あるべし。我が身と申し、をや・親類と申し、かたがた御内に不便といはれまいらせて候大恩の主なる上、すぎにし日蓮が御かんきの時、日本一同ににくむ事なれば、弟子等も或は所領を・ををかたよりめされしかば、又方方の人人も或は御内内をいだし、或は所領ををいなんどせしに、其の御内になに事もなかりしは御身にはゆゆしき大恩と見へ候。  このうへはたとひ一分の御恩なくとも、うらみまいらせ給ふべき主にはあらず。それにかさねたる御恩と申し、所領をきらはせ給ふ事、御とがにあらずや。賢人は八風と申して八のかぜにをかされぬを賢人と申すなり。利・衰・毀・誉・称・譏・苦・楽なり。をを心は利あるによろこばず、をとろうるになげかず等の事なり。此の八風にをかされぬ人をば必ず天はまほらせ給ふなり。しかるをひりに主をうらみなんどし候へば、いかに申せども天まほり給ふ事なし。訴訟を申せど叶ひぬべき事もあり、申さぬに叶ふべきを申せば叶はぬ事も候。夜めぐりの殿原の訴訟は、申すは叶ひぬべきよしをかんがへて候ひしに、あながちになげかれし上、日蓮がゆへにめされて候へば、いかでか不便に候はざるべき。ただし訴訟だにも申し給はずば、いのりてみ候はんと申せしかば、さうけ給はり候ぬと約束ありて、又をりがみをしきりにかき、人人訴訟・ろんなんどありと申せし時に、此の訴訟よも叶はじとをもひ候ひしが、いままでのびて候。  だいがくどのゑもんのたいうどのの事どもは申すままにて候あいだ、いのり叶ひたるやうにみへて候。はきりどのの事は法門は御信用あるやうに候へども、此の訴訟は申すままには御用ひなかりしかば、いかんがと存じて候ひしほどに、さりとてはと申して候ひしゆへにや候けん、すこし・しるし候か。これにをもうほど・なかりしゆへに又をもうほどなし。だんなと師とをもひあわぬいのりは、水の上に火をたくがごとし。又だんなと師とをもひあひて候へども、大法を小法をもってをかしてとしひさしき人人の御いのりは叶ひ候はぬ上、我が身もだんなもほろび候なり。  天台の座主明雲と申せし人は第五十代の座主なり。去ぬる安元二年五月に院勘をかほりて伊豆の国へ配流、山僧大津よりうばいかえす。しかれども又かへりて座主となりぬ。又すぎにし寿永二年十一月に義仲にからめとられし上、頸うちきられぬ。是はながされ頸きらるるをとがとは申さず。賢人聖人もかかる事の候。但し源氏の頼朝と平家の清盛との合戦の起りし時、清盛が一類二十余人起請をかき連判をして願を立て、平家の氏寺と叡山をたのむべし、三千人は父母のごとし、山のなげきは我等がなげき、山の悦びは我等がよろこびと申して、近江の国二十四郡を一向によせて候ひしかば、大衆と座主と一同に、内には真言の大法をつくし、外には悪僧どもをもて源氏をいさせしかども、義仲が郎等ひぐちと申せしをのこ、義仲とただ五六人計り、叡山の中堂にはせのぼり、調伏の壇の上にありしを引き出だしてなわをつけ、西ざかを大石をまろばすやうに引き下して頸をうち切りたりき。かかる事あれども日本の人人真言をうとむ事なし。又たづぬる事もなし。去ぬる承久三年辛巳の五・六・七の三箇月が間、京・夷の合戦ありき。時に、日本国第一の秘法どもをつくして、叡山・東寺・七大寺・園城寺等、天照太神・正八幡・山王等に一一に御いのりありき。其の中に日本第一の僧四十一人なり。所謂前の座主慈円大僧正・東寺・御室・三井寺の常住院の僧正等は度々義時を調伏ありし上、御室は紫宸殿にして六月八日より御調伏ありしに、七日と申せしに同じく十四日にいくさにまけ、勢多迦が頸をきられ、御室をもひ死に死しぬ。かかる事の候へども、真言はいかなるとがともあやしめる人候はず。をよそ真言の大法をつくす事、明雲第一度、慈円第二度に日本国の王法ほろび候畢んぬ。今度第三度になり候。当時の蒙古調伏此なり。かかる事も候ぞ。此は秘事なり、人にいはずして心に存知させ給へ。  されば此の事御訴訟なくて又うらむる事なく、御内をばいでず、我れかまくらにうちいて、さきざきよりも出仕とをきやうにて、ときどきさしいでてをはするならば叶ふ事も候ひなん。あながちにわるびれてみへさせ給ふべからず。よくと名聞・瞋との

RSS 宝日記

  • 土日の活動 2023年1月29日
    土日ではあるが、いつもの活動家が都合で動けないため一人でで活動。旧友と喫茶で会って、他の旧友情報を聞いてみて1 […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • 寒中見舞い 2023年1月29日
    寒中お見舞い申し上げます。 寒さ厳しい折柄、お体にお気を付けください。

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。宝相寺は日蓮正宗総本山大石寺の末寺です。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。
お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
電話でも受け付けております。
携帯090-3656-1453

アクセス

0891611
Visit Today : 870
Visit Yesterday : 767