ホーム » 御書 » 御書2 » 南部六郎殿御書 (国家謗法之事)

南部六郎殿御書 (国家謗法之事)

御書2

南部六郎殿御書 (国家謗法之事)                文永八年五月一六日  五〇歳

 眠れる師子に手を付けざれば瞋らず、流れにさをゝ立てざれば浪立たず、謗法を呵責せざれば留難なし。「若し善比丘あって法を壊る者を見て置いて呵責せずんば」の置の字ををそれずんば今は吉し、後を御らんぜよ、無間地獄は疑ひ無し。 故に南岳大師の四安楽行に云はく「若し菩薩有って悪人を将護して治罰すること能はず、其れをして悪を長ぜしめ善人を悩乱し正法を敗壊せば此の人は実に菩薩に非ず。 外には詐侮を現じ常に是の言を作さん、我は忍辱を行ずと。其の人命終して諸の悪人と倶に地獄に堕ちなん」云云。 十輪経に云はく「若し誹謗の者ならば共住すべからず亦親近せざれ。若し親近し共住せば即ち阿鼻獄に趣かん」云云。 栴檀の林に入りぬれば、たをらざるに其の身に薫ず。誹謗の者に親近すれば所修の善根悉く滅して倶に地獄に堕落せん。 故に弘決の四に云はく「若し人本悪無けれども悪人に親近すれば後に必ず悪人と成りて悪名天下に遍し」云云。  凡そ謗法に内外あり。国家の二是なり。外とは日本六十六箇国の謗法是なり。内とは王城九重の謗是なり。  此の内外を禁制せずんば宗廟社稷の神に捨てられて、必ず国家亡ぶべし。如何と云ふに、宗廟とは国王の神を崇む。社とは地の神なり。稷とは五穀の総名、五穀の神なり。  此の両の神、法味に飢ゑて国を捨て給ふ故に国土既に日々に衰減せり。故に弘決に云はく「地広くして尽く敬すべからず。封じて社と為す。稷とは謂はく五穀の総名にして即ち五穀の神なり」と。故に天子の居する所には宗廟を左にし、社稷を右にし、四時五行を布き列ぬ。故に国の亡びるを以て社稷を失ふと為す。故に山家大師は「国に謗法の声有るによて万民数を減じ、家に讃教の勤めあれば七難必ず退散せん」と。故に分々の内外有るべし。  
五月十六日                  日 蓮 花 押 南部六郎殿

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
携帯電話は090-3656-1453

RSS ブログ

  • 広布推進会(後半決起大会) 2019年7月16日
    15日は、奈良仏覚寺にて後半の決起大会となる広布推進会に参加しました。折伏の報告、決意ともにいつもと違う方が発 […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • Re: こんにちは 2019年7月16日
    管理人さんへのお返事です。 成る程分かりました、それでは、実際に住職さんと管理人さんと私で顔合わせでお話しませ […]
    砲台
管理人にツィート(このツィッターボタンから管理人にツィートできます)⇒

カウント

Visits today: _