ホーム » 教学ノート » 44四箇の格言

44四箇の格言

  教学ノート
大白法 平成30年8月16日付

 「四箇の格言」とは、「念仏無間・禅天魔・真言亡国・律国賊」を言います。日蓮大聖人様が、その当時大きな勢力を持っていた四つの邪宗教を、簡潔に破折された言葉です。
 最初の「念仏無間」とは、阿弥陀如来を信じ、念仏を唱えることは無間地獄に堕ちる原因となるということです。無間地獄とは、絶え間ない罰を受ける地獄です。
 念仏宗では私たちと縁のない西方極楽浄土の阿弥陀仏を信じ、ただひたすら阿弥陀如来の名前だけを唱える修行(称名念仏)を行います。
 また、念仏宗の開祖・法然は、仏様の出世の本懐(仏が世に出現した真の目的)である法華経を、「捨てよ・閉じよ・閣け・抛て」と批判していました。これらは仏様の教えである法華経に背く謗法ですから、無間地獄に堕ちることは疑いありません。
 次の「禅天魔」とは、禅宗で行われていることは第六天の魔王の行いである、という意味です。第六天の魔王は別名・他化自在天とも言って、仏道修行を妨げる魔の王です。
 禅宗では、仏様の悟りは心から心へ伝わるのだから、経典などの文字の中にはない(教外別伝・不立文字)と主張します。
 その上で、坐禅を通して自己の心を見つめれば、自分自身の中に悟りが開かれると説きます。しかし、これらは仏様の教えを否定するもので、天魔の所業です。
 「真言亡国」とは、真言宗は国を滅ぼす根源となることを言います。
 真言宗は、法華経を経典の中で三番目に位置する無益な教えとおとしめ、さらに大日如来という、私たちの住む世界(娑婆世界)には実在しない架空の仏を本尊に立てて、釈尊・法華経の教えを倒そうとします。国の柱である正しい教えを倒すのですから、まさに国を滅ぼす教えというわけです。
 「律国賊」とは、律宗の教えは国に害を与える邪な教えという意味です。律宗では、小乗教の、とても守り切れもしない二百五十もある細かい戒律などを、すべて守って修行するべきだと説きます。
 その律宗(真言律宗)の僧侶だった極楽寺良観などは、幕府の高官・役人に取り入って自らも権力を得て、さも律宗の教えが正しいかのように、また徳があるかのように振る舞いました。小乗の戒律は末法の時代にふさわしい戒律ではありませんし、律宗の僧侶の言葉は国を乱す反逆者の説ですから、「律国賊」と大聖人様は厳しく指摘されました。
 「四箇の格言」に込められた破邪顕正の精神は、四つの宗派に限らず、すべての邪義・邪宗に対して共通して言うことができます。この「四箇の格言」のように、世界中に存在するすべての謗法を打ち破り、日蓮正宗の正しい教えを弘めていくことが、現代の私たちに課せられた尊い使命なのです。

RSS 宝日記

  • 御報恩御講の日 2021年4月11日
    恒例のご報恩御講の日で参詣致しました。終了後に、折伏座談会。久々に折伏への思いを強くした。帰りには、御聖誕八百 […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • Re: ぽっくり死にたい 2021年4月10日
    あけぼのさんへのお返事です。 > 日々お年寄りと接してますと、よく「ぽっくり死にたい」という方を見かけます。 […]
    管理人

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。宝相寺は日蓮正宗総本山大石寺の末寺です。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。
お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
電話でも受け付けております。
携帯090-3656-1453

カウント

Visits today: _