ホーム » 教学ノート » 9折  伏

9折  伏

教学ノート

  仏様は、人々を救済する2つの手段を説かれました。
 まず1つ目は、相手の能力に合わせて教えを説き、次第に誤りを正して真実の教えに導く、摂受という方法です。2つ目は、相手の誤りを許さずに直ちに間違いを指摘して真実の教えに導く、折伏という方法です。
 日蓮大聖人様は、
 「邪智・謗法の者の多き時は折伏を前とす」(御書 575㌻)
と、現在の時代は間違った教えを信じている人が多いため、摂受ではなく直ちに誤りを正す折伏を用いるべきであると仰せです。
 具体的には、大聖人様の正法を知らない人や正しい信仰をしていない人に、不幸や苦悩の原因が誤った思想や宗教にあることを教え、大聖人様の仏法こそが真実の幸福を得る道であると教えることを言います。
 折伏について『法師品』には、
 「法華経の、乃至一句を説かん。当に知るべし、是の人は則ち如来の使なり。如来の所遣として、如来の事を行ずるなり」(法華経 321㌻)
と説かれています。折伏は仏様のお手伝いとして布教をする尊い行為であり、仏様と同じ振る舞いをするわけですから、その功徳も広大なのです。
 また、御法主日如上人猊下は、
 「まず折伏をすると、折伏された人が幸せになります。同時に、折伏した人も幸せになれるのです。過去遠々劫の様々な罪障、これが折伏によってみんな消えていくのです」(大白法 834号)
と仰せのように、折伏をした人も折伏された相手も折伏の功徳により、過去世からの様々な苦悩が解決され、幸せになることができるのです。
 さらに、
 「折伏と育成は同じ化他行」(同)
と仰せです。育成とは、折伏された人が勤行・唱題できるように、また、自ら進んで寺院に参詣できるようにしていくことを言います。特に、折伏された人が今度は折伏できるように育成することが大切です。
 このように、私たちは毎日の勤行と唱題を根本に折伏をすることによって、多くの人々を苦悩から救うことができるのです。
 そしてさらに、折伏と共に育成をしていくことで、ひいては世の中を清浄にして真の世界平和を築いていくことができるのです。

ポイント
大聖人様は折伏の実践について。
「日蓮が弟子等は臆病にてかふべからず」(御書 1109㌻)
と、1人でも多くの人々に対して、大聖人様の正しい教えを、臆することなく勇気をもって教えていくことが大切であると説かれています。

アクセス

Visits today: _

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。宝相寺支部所属
人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。
お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
携帯電話は090-3656-1453

RSS ブログ

  • お彼岸会 2019年3月21日
    彼岸の中日ということで、お寺でのお彼岸会に参詣した。雨のぱらつく中では、ありましたが大勢の参詣者でした。やはり […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • Re: Re砲台さま 2019年3月22日
    管理人さんへのお返事です。 > 初めまして砲台さま > > >投稿の瑠璃さんとはアメブロの瑠璃さんのことですか […]
    砲台