ホーム » 日如上人猊下お言葉 » 12月度広布唱題会の砌

12月度広布唱題会の砌

日如上人猊下お言葉
 本日は、本年度最後となる十二月度の広布唱題会に当たり、皆様には新型コロナウイルス感と染症の蔓延により何かと御不便のなか、信心強盛に出席され、まことに御苦労さまでこさいます。
 さて、今年も既に十二月に入り、残りあと一月となりましたが、皆様には本年度の折伏誓願達成に向かって日夜、御奮闘のことと思います。
 申すまでもなく、折伏誓願の達成は、私どもが御宝前に固くお誓い申し上げた約束であり、これを反故にすることなく、全力を傾注して何があっても誓願は達成しなければなりません。
 大聖人様は『聖愚問答抄』に、
「抑仏法を弘通し群生を利益せんには、先づ教・機・時・国・教法流布の前後を弁ふべきものなり。故は時に正像末あり、法に大小乗あり、修行に摂 折あり。接受の時折伏を行ずるも非なり。折伏の時摂受を行ずるも失なり。然るに今世は摂受の時か折状の時か先づ是を知るべし。摂受の行は此の国に法華一純に弘まりて、邪法邪師一人もなしといはん、此の時は山林に交はりて観法を修し、五種六種乃至十種等を行ずべきなり。折伏の時はかくの如くならず、経教のおきて蘭菊に、諸宗のおぎろ誉れを擅にし、邪正肩を並べ大小先を争はん時は、万事を閣いて謗法を責むべし、是折伏の修行なり。
 此の旨を知らずして摂折途に違わば得道は思ひもよらず、悪道に堕つべしと云ふ事、法華・涅槃に定め置き、天台・妙楽の解釈にも分明なり。是仏法修行の大事なるべし」(御書402ページ)
と仰られています。
 私どもはこの御金言を拝し、僧俗一致・異体同心し、断固たる決意と勇猛果敢なる実践によって、なんとしても、仏祖三宝尊の御宝前にお着い申し上げた折伏誓願を達成し、もって広大なる仏恩に報いていかなければなりません。
 そのためには、各々一人ひとりが今一度、身軽法重・死身弘法の御聖訓を拝し、一意専心、誓願達成へ向けて決然として折伏に打って出ることが肝要であります。座して広布を語るのではなく、勇躍として立ち上がり、妙法広布に資していくことが、今こそ肝要であります。
 されば、大聖人様は「一念三千法門」に、「百千合はせたる薬も口にのまされは病もえず。蔵に宝を持てども開く事を知らずしてかつへ、懐に薬を持ちても飲まん事を知らずして死するが如し」(同 110ページ)
と仰せであります。
 どうぞ皆様方には、このご金言を拝し、信心強盛に講中一結して誓願達成へ向けて、いよいよ精進されますよう心から念じ、本日の挨拶と いたします。

RSS 宝日記

  • 問い合わせあり 2022年1月20日
    最近ホームページからの問い合わせがあり、中には文面がないものもあった。しかしながら、周りが創価学会員の中、脱会 […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • Re: 失礼します 2022年1月23日
    管理人さんへのお返事です。 こちらをお借りできるだけで有難く思っています。 ありがとうございます。
    通りすがり

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。宝相寺は日蓮正宗総本山大石寺の末寺です。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。
お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
電話でも受け付けております。
携帯090-3656-1453

カウント

Visits today: _