ホーム » 日如上人猊下お言葉 » 百日間唱題行満了の砌

百日間唱題行満了の砌

日如上人猊下お言葉
本年九月七日から始めた百日間唱題行も、本日をもって終了いたします。
 この百日間、皆様方にはお忙しいなか、時間を割いて多くの方々が唱題行に参加され、まことにご苦労様でございました。
 この百日間唱題行は、宗祖日蓮大聖人御聖誕八百年、法華講八十万人体制構築の達成を期して、総本山をはじめ全国の寺院および各家庭において行われたものでありますが、皆様の強盛なる信心によって、本日、めでたく終了することができまして、心から喜びに堪えません。
 皆様がこの百日間の唱題行に励まれた功徳は、まことに計り知れないものがあり、これからの広布の戦いにおいて必ずや、その功徳の姿が現れてくるものと確信いたします。
 さて、大聖人様は『法華初心成仏抄』に
「仏になる法華経を耳にふれぬれば、是を種として必ず仏になるなり。されば天台・妙楽も此の心を以て、強ひて法華経を説くべしとは釈し給へり。譬えへば人の地に依りて倒れたる者の、返って地をおさへて起つが如し。 地獄には堕つれども、疾く浮かんで仏になるなり。当世の人何となくとも法華経に背く失に依て、地獄に堕ちん事疑ひなき故に、とてもかくても法華経を強ひて説き聞かすべし。信ぜん人は仏になるべし、謗ぜん者は毒鼓の縁となって、仏になるべきなり。何にとしても仏の種は法華経より外になきなり」(御書1316ページ)
と仰せであります。
 この文中「毒鼓」とは、皆様もよく御存じの通り、毒薬を塗った太鼓のことであります。涅槃経のなかに「毒薬を太鼓に塗り、大衆のなかにおいてこれを打つと、聞こうとする心がなくとも、その音を聞く。者すべてが死ぬ」
とあり、法を聞こうとせず、あるいは信じようともせず反対したとしても、やがて煩悩を断じて得道できることを、毒を塗った太鼓、つまり毒鼓を打つことに譬えているのであります。
 すなわち、一切衆生には皆、仏性が具わっており、正しい法を聞き、発心・修行することによって成仏できることを明かされているのであります。つまり、末法時では順縁の衆生はもとより、たとえ逆縁の衆生であっても、文底下種の妙法を聞かせることによって、正法と縁を結ぼせ、将来、必ず救済することができると仰せられているのであります。
 今、宗門は僧俗一致の体勢をもって、いよいよ明年に迫った宗祖日蓮大聖人御生誕八百年、法華講員八十万人体勢構築の誓願達成へ向けて力強く前進しております。
 この時に当たり、私ども一同、地涌の菩薩の眷属たる自覚と誇りを持って、異体同心・一致団結して「毒鼓の縁」を手本に敢然として折伏を行じ、誓願達成へ向けて前進していくことが、最も肝要であります。
 本年も残りわずかとなりましたが、時間を割いて誓願達成へ向けて折伏に励み、もって自他共の幸せを必ず築かれますよう心からお祈りし、本日の挨拶といたします。

RSS 宝日記

  • お会式の準備 2021年10月21日
    近づくお会式に最終の準備をした。唱題は今月中に目標を達成しつつある。
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • 魂の学び 2021年10月16日
    >キリスト教もイスラム教も同じ神を信じていますので、キリスト教とイスラム教の争いは>神の争いではなく、これはユ […]
    管理人

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。宝相寺は日蓮正宗総本山大石寺の末寺です。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。
お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
電話でも受け付けております。
携帯090-3656-1453

カウント

Visits today: _