ホーム » 日如上人猊下お言葉 » 6月度広布唱題会の砌

6月度広布唱題会の砌

日如上人猊下お言葉
今月の総本山における広布唱題会は新型コロナウイルス感染症による規制によりまして先月に続き山内僧侶のみの参加となりましたが、かかる時にこそ私どもは1日も早い回復を願い、いよいよ信心強盛に異体同心、一致団結して自行化他の信心に住し、この苦難を乗り越えて行かなければならないと思います。
さて大聖人様は中務左衛門尉殿御返事の中で疫病についてご指南遊ばされております.。
今わかりやすく口語体にして申しますと
「今の日本国に去年から今年にかけて流行している疫病は四大すなわち地水火風の不順によって起こる四百四病ではないから、たとえ名医である華佗や扁鵲の治療を受けても治るものでもない。また小乗教や権大乗教の教えをもって治るような軽いものでもない。故に諸宗の者たちがいかに祈ってもその甲斐はない、否、かえって重くなるだけである。またたとえ今年は一時止むとしても年々に募って、最後に一大事が起こってのちに初めて治るのかもしれない。
法華経の比喩品には病の根源を知らずしてその病を治療すれば危険なることを説いていて『もし医術によって病を治療すれば他の病を併発し、もしくは病気の勢いを増しもしくは死に至るであろう』とあるまた涅槃経には『゚王舎城の阿闍世王が皮膚病にかかった時も、それは心から起こった病気であって単なる肉体的な病気ではないから医薬を持って治療をしても決して治る道理がない』と説かれている。
そこで妙楽大師も涌出品の『文句記』に『知者はその起を知り蛇は自ら蛇を知る』と言われている。今の疫病はかの阿闍世王の皮膚病のようなものである。
かの阿闍世王の皮膚病は釈尊でなければ治らなかったように今の疫病は単なる肉体的疾患ではなくして謗法に起因するのであるからその疫病を除くのは法華経でなければ治することはできない。(御書1240ページ)と仰せられています。
まさにも猛威を振るった疫病も根本的には法華経すなわち本門寿量品文底下種の南妙法蓮華経の良薬でなければ治することはできないと仰せられているのであります。
されば『太田入道殿御返事』には「平等大慧妙法蓮華経の第一に曰くこの経は即ち是れ閻浮提の人の病の良薬なりもし人病有らんにこの経を聞くことを言えば病即消滅して不老不死にならん」(同911ページ)と、妙法の広大なる功徳についてかくの如く仰せられているのであります。
今日本をはじめ世界に蔓延している新型コロナウイルス感染症も根本的にはこのご教示の通り妙法蓮華経の大良薬をもって治することが肝要であることを知るべきであります。
大聖人様は『上野殿御消息』に「しかる間釈迦多宝塔の 十方無量の仏、上行地涌の菩薩も普賢・文殊等の迹化の大士も舎利弗等の諸大声聞も大梵天王・日月等の明主諸天も、八部王も、十羅刹女等も、日本国中の大小の主諸神も、総じてこの法華経を強く信じ参らせ、余念なく一筋に信仰するものをば影の身にそふが如く守らせ給い候也。相構えて相構えて、心を翻さず一筋に信じ給うならば現世安穏後生善処なるべし」(同923ページ)と仰せであります。
されば今こそ一人ひとりが妙法の広大無辺なる功徳を拝信し、いよいよ強盛に自行化他の信心に励み、もっていかなる病魔も打ち砕き、力強く前進していくことが肝要であります。
以上、皆様の色々のご精進を心から念じ本日の挨拶と致します。

RSS 宝日記

  • 創価学会と顕正会 2021年6月14日
    地元では珍しい顕正会員と会うことができた。顕正会員は、法華講員である私には、まったく折伏をしようという気持ちな […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • 池田創価学会3代会長の力強い講演 2021年6月1日
    ユーチューブ動画で、創価学会昔の指導で池田創価学会3代会長の力強い講演があった。 素晴らしく力強く創価学会の正 […]
    管理人

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。宝相寺は日蓮正宗総本山大石寺の末寺です。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。
お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
電話でも受け付けております。
携帯090-3656-1453

カウント

Visits today: _