ホーム » 日如上人猊下お言葉 » 6月度広布唱題行の砌

6月度広布唱題行の砌

 日如上人猊下お言葉
 本日は、六月度の広布唱題会に当たりまして、皆様には御繁忙のところを参加され、まことに御苦労さまでございます。
 さて、既に皆様も御承知の通り、今、新型コロナウイルス感染症の蔓延によって、国内のみならず世界的にも混沌とした様相を呈しております。
 しかし、こうした現状を見て、我々は 改めて一人ひとりが『立正安国論』の御聖意を拝し、この窮状を根本的に救えるのは、末法の御本仏宗祖日蓮大聖人の三大秘法の仏以外にはないことを、よく知るべきであります。
 大聖人は『立正安国論』に、
「倩(つらつら)微管(びかん)を傾(かたむ)け聊(いささか)経文を披きたるに、世皆正に背き、人悉く悪に帰す。故に善神国を捨てゝ相去り、聖人所を辞して還らず。是を以て魔来たり鬼来たり、災起こり難起こる。言はずんばあるべからず、恐れずんはあるべからず」(御書234ページ)
と仰せであります。
 すなわち、すべての災難と混乱の根本原因は、まさしく「世皆正に背き、人悉く悪に帰す」と仰せのように謗法の害毒にあり、私どもは一切の謗法を捨て、末法の御本仏宗祖日蓮大聖人の仏法を正しく信仰していくところに、諸難を乗り越えることができるのであります。よって一人でも多くの方々の幸せと国家社会の平安が、この妙法によって初めて実現できることを忘れてはならないのであります。
 よって同じく『立正安国論』には、
「嗟呼悲しいかな如来誠諦の禁言に背くこと。 哀れなるかな愚侶迷惑の麁語に随ふこと。早く天下の静謐を思はゝ、須く国中の謗法を断つべし」(同二四七ページ)
と仰せられ、混迷を極める今日の窮状を救うためには何を差し置いても、諸悪の根源たる邪義邪宗の謗法を対治し、折伏を行じていかなければならないと断じられているのであります。
 さらに『聖愚問答抄』には、
「今の世は濁世なり、人の情もひがみゆがんで権教謗法のみ多ければ正法弘まりがたし。 此の時は読誦・書写の修行も観念・工夫・修練も無用なり。只折伏を行じて力あらば威勢を以て謗法をくだき、又法門を以ても邪義を責めよとなり」(同403ページ)
と仰せであります。大聖人様は、ここでも謗法が充満して人心が撹乱し、末法濁悪の世相をそのまま映し出している今こそ、我々一人ひとりが大聖人様の弟子檀那として、一意専心、断固たる決意を持って折伏を行していくことが最も大事であると仰せあそばされているのであります。
よって、私どもは『如説修行抄』の、
「権実雑乱の時、法華経の御敵を責めずして山林に閉ぢ篭りて摂受の修行をせんは、豈法華経修行の時を失ふベき物怪にあらずや。されば末法今の時、法華経のの修行をば誰か経文の如く行じ給へる。誰人にてもせ、諸経は無得道、堕地獄の根源、法華経独り成仏の法なり音も惜しまずよばはり給 いて、諸宗の人法共に折伏して御覧ぜよ」(同673ページ)
とのご教示を拝し、コロナ感染症によっで世界が混迷を極めている今こそ、立正安国論の御聖意を拝し、異体同心・一致い団結して勇猛果敢に折伏を行じ、一人ひとりの幸せはもとより、すべての人々の幸せを願い、さらに国家社会の安寧と全世界の平和と繁栄を実現するために、なお一層、一天広布へ向けて精進されますよう心から願い、本日の挨拶といたします。

RSS 宝日記

  • 問い合わせあり 2022年1月20日
    最近ホームページからの問い合わせがあり、中には文面がないものもあった。しかしながら、周りが創価学会員の中、脱会 […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • Re: 失礼します 2022年1月23日
    管理人さんへのお返事です。 こちらをお借りできるだけで有難く思っています。 ありがとうございます。
    通りすがり

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。宝相寺は日蓮正宗総本山大石寺の末寺です。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。
お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
電話でも受け付けております。
携帯090-3656-1453

カウント

Visits today: _