ホーム » 日如上人猊下お言葉 » 唱題行7月31日の砌

唱題行7月31日の砌

 日如上人猊下お言葉
 今月の一日から始めました七月度の唱題行も、日をもって終了いたします。
 皆様には一月間、まことに御労さまでございました。
 さて、大聖人様は『法華初心成仏抄』に、
「凡そ妙法蓮華経とは、我等衆生の仏性と梵王・帝釈等の仏性と舎利弗・目連等の仏性と文殊・弥勒等の仏性と、三世諸仏の解りの妙法と、一不二なる理を妙法蓮華経と名づけたるなり。故に一度妙法蓮華経と唱ふれば、一切の仏・一切の法・一切の菩薩・一切の声聞・一切の梵王・帝釈・閻魔法月・衆星・天神・地神・乃至地獄・餓鬼・畜生・修羅・人天・一切衆生の心中の仏性を唯一音に喚び頭はし奉る功徳無量無辺なり」(御書1320ページ)
と仰せであります。
 すなわち、大御本尊様に対し奉り、余念なく南無妙法蓮華経と唱え奉る者は、十界の衆生の心中の仏性が呼び顕され、我が色心が即、妙法の当体となって即身成仏できるとの仰せであります。
 よって、至心に妙法を唱える者は、広大無辺なる妙法の功徳によって、百人は百人、千人は千人ながら仏と成ることができるのであります。
 ただし、ここで大事なことは、私どもの唱題が、ただ唱題だけに終わってはならないということであります。
 大聖人様は『持妙法華問答抄』に、
「願はくは『現世安穏後生 善処』の妙法を持つのみこそ、只今生の名聞後世の弄引なるべけれ。須く心を一にして南無妙法蓮華経と我も唱へ、他をも勧めんのみこそ、今生人界の思出なるべき」(同300ページ)
と仰せであります。
 すなわち、自行化他にわたる信心こそ肝要であると仰せられているのであります。せっかく唱題によって積んだ功  徳を己のものとせず、世のため人のため、折伏を行じてこそ大聖人様の御意にかなった信心と言えるのであります。
 故に、大聖人様は『南条兵衛七郎殿御書に』
「いかなる大善をつくり、法華経を千万部書写し、一念三千の観道を得たる人なりとも、法華経のかたきをだにも
せめざれば得道ありがたし」(同 322ページ)
と仰せられているのであります。
 どうぞ皆様には、唱題行で積んだ功徳と歓喜をもって一大広布を目指し、世のため人のため、一切衆生救済の最善の方途たる折伏に励んでいただきたいと思います。
 特に今、日本も世界も、新型コロナウイルス感染症によって騒然としておりますが、かくなる時こそ、私どもは一人でも多くの人に妙法の功徳を説き、決然として折伏に打って出ていかなければならないと思います。
 どうぞ皆様には、冒頭に励み、一意専心、折伏を行じ、もって自他共の成仏を目指し、いよいよ精進されますよう心から願い、簡単ながら本日の挨拶と致します。


RSS 宝日記

  • 引き続き盂蘭盆会 2022年8月16日
    昨日に引き続き、今日も盂蘭盆会。密を避けて本日参詣された方もいる。空は曇り空で雨は降りそうで降らない。蒸し暑い […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • 残暑見舞い 2022年8月9日
    残暑お見舞い申し上げます。立秋とはいえ、まだまだ暑い日が続きますのでお体をご自愛ください。

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。宝相寺は日蓮正宗総本山大石寺の末寺です。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。
お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
電話でも受け付けております。
携帯090-3656-1453

カウント

Visits today: _