ホーム » 日如上人猊下お言葉 » 唱題行(7月31日)の砌

唱題行(7月31日)の砌

 日如上人猊下お言葉
 本日は、本年度七月の唱題行の最終日に当たり、皆様方には何かと御繁忙のところ御出席され、まことに御苦労さまでございます。
 さて、『聖愚問答抄』を拝しまする
「今の世は濁世なり、人の情もひがみゆがんで権教謗法のみ多ければ正法弘まりがたし。此の時は読誦・書写の修行も観念・工夫・修練も無用なり。只折伏を行じて力あらば威勢を以って醤法をくだき、又法門を以ても邪義を責めとなり。 取捨其のを得て一向に執する事なかれと書けり。 今の世を見るに正法一純に弘まる国か、邪法の興盛する国か勘がふべし」(御書四〇三ページ)
と仰せであります。
 まさに、今日の世界的な新型コウイルス感染症の蔓延、あるいはウクライナの問題など、世上騒然とした様相を呈しておりますが、仏法の鏡に照らして見る時、これらの混沌とし惨状を根本的に解決するためには、まさしく 『立正安国論』の原理に従って、破邪顕正の折伏を実践していくことが最も肝要であります。
 されば大聖人様は『立正安国論』に、
「倩微管を傾け聊経文を抜きたるに、世皆正に背き人悉く悪に帰す。故に善神国を捨てゝ相去り、聖人所を辞して還らず。是を以て魔来たり鬼来たり、災起こり難起こる。言はずんばあるべからず。 恐れずんばあるべからず」(同 二三四ページ)
と仰せられ、さらに、
「嗟呼悲しいかな如来誠諦の禁言に背くこと。哀れなるかな愚侶迷惑の麁語に随ふこと。早く天下の静謐を思はゞ須く国中の謗法を断つべし」」(同二四七ページ)
と仰せであります。
 これらの御文を拝する時、私どもは一人ひとりが地涌の菩薩の眷属として、勇猛果敢に折伏を行していくことが今こそ最も肝要であろうと思います。
 どうぞ皆様には、この御指南を拝し、勇気を持って折伏を実践し、もって真の世界平和と全人類の幸せを願い、自他共の幸せを築かれんことを心からお願いいたしまして、簡単ではありますが本日の挨拶といたします。

RSS 宝日記

  • エホバが来る 2022年11月27日
    久しぶりにエホバの信者が訪問に現れた。このコロナ禍の中、よく頑張っていると思わず、尊敬してしまった。パンフレッ […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • Re: 管理人様 はじめまして 2022年9月30日
    武士道侍様 はじめまして、掲示板へのとうこうありがとうございます。 「蘭室之友という御書や富士宗学要集をまとめ […]

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。宝相寺は日蓮正宗総本山大石寺の末寺です。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。
お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
電話でも受け付けております。
携帯090-3656-1453

アクセス

0838257
Visit Today : 236
Visit Yesterday : 570