ホーム » 日如上人猊下お言葉 » 令和5年元旦勤行の砌

令和5年元旦勤行の砌


日如上人猊下お言葉
(令和五年一月一日  於総本山客殿)
 立宗771年の新年明けましておめでとうございます。
 皆様には、本年「折伏躍動の年」の新春を迎え、決意も新たに、いよいよの精進をお誓いのことと存じます。
 さて、本年「折伏躍動の」は文字通り、仏祖三宝尊への御報恩謝徳のもと、全国の寺院が講中一結・異体同心し、全力傾注して折伏を行い、仏国土実現・一天広布へ向けて大きく躍動し、御奉公の誠を尽していかなければならない、まことに大事な年であります。
 特に今、依然として新型コロナウイルス感染症の猛威が止まず、末法濁悪の世相そのままに、混沌とした状況を呈していますが、かくなる時こそ、私どもは「折伏躍動の年」にふさわしく、一人ひとりが断固たる決意と勇猛果敢なる行動をもって、身軽法重・死身弘法の御聖訓のままに、一切衆生救済の秘法たる本因下種の妙法を一人でも多くの人に下種・折伏し、この難局を乗りきっていかなければなりません。
 大聖人様は『聖問答抄』に、
「仏法を弘通し群生を利益せんには、先づ教・機・時・国・教法流布の前後を弁ふべきものなり。 所
以は時に正像末あり、法に大小乗修行に折あり。摂受の時折伏を行するも非なり。折伏の時摂受を行するも失なり。然るに今世は摂受の時か折伏の時か先づを知るべ摂の行は此の国に法華一純に弘まりて、邪法邪師一人もなしといはん、此の時は山林に交はりて観法を修し、五種六種乃至十種等を行ずべきなり。折伏の時はかくの如くならず、経教のおきて蘭菊に、諸宗のおぎろこれを盾にし、邪正肩を並ベ大小先を争はん時は、万事を閣いて謗法を責むべし、是折伏の修行なり。此の旨を知らずして摂折途に違
はば得道は思ひもよらず、悪道に堕つべしと云う事、法華涅槃に定め置き、天台・妙楽の解釈にも分明
なり。是仏法修行の大事なるべし」(御書402ページ)
と仰せであります。
 されば、私ども一同、この御金言をしっかりと心に染め、今こそ、五濁乱漫たる末法濁悪の世の中にあって、不幸と混乱と苦悩の原因たる邪義邪宗の謗法を対治し、全人類の幸せを目指して果敢に折伏を行じ、もって広大無辺なる仏恩に報い奉っていかなければならない大事な時と知るべきでありま
す。
 どうぞ皆様には、本年「折伏躍動の年」を迎え、決意も新たに、講中一結,異体同心し、一天広布へ向けて大折伏戦を展開し、もって全支部が必ず折伏誓願を達成されますよう心から願い、簡単ながら一言もって新年の挨拶といたします。
(大白法令和5年1月16日号より転載)

RSS 宝日記

  • 土日の活動 2023年1月29日
    土日ではあるが、いつもの活動家が都合で動けないため一人でで活動。旧友と喫茶で会って、他の旧友情報を聞いてみて1 […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • 寒中見舞い 2023年1月29日
    寒中お見舞い申し上げます。 寒さ厳しい折柄、お体にお気を付けください。

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。宝相寺は日蓮正宗総本山大石寺の末寺です。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。
お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
電話でも受け付けております。
携帯090-3656-1453

アクセス

0891564
Visit Today : 825
Visit Yesterday : 767