Home » 仏教説話 » 阿耆達王の怒り

阿耆達王の怒り

仏教説話

阿耆達王の怒り

往昔、ある沙門が叢(くさむら)に行くと、そこに一匹の大蛇を見かけた。

蛇は

「和尚、あなたは阿耆達王(あぎったおう)のことを聞いたことがあるか」

と話しかけてきた。

「聞いたことがある」

「実はわたしがその王である」

と蛇は答えた。沙門はその姿を見て驚き、

「阿耆達王は仏塔等を立てているし、その功徳は巍々(ぎぎ)堂々として天上に生まれるべきである。それなのにどういう訳で蛇になったのか」

と尋ねた。すると蛇は

「わたしが臨終の時、看病の者が暑いので気の毒に思い、扇であおごうとしたら、手をすべらせて扇をわたしの顔に落としてしまった。わたしはとっさに『なにをするんだ』と怒ってしまったので、その結果、蛇に身を受けてしまったのだ」

と述べた。

 それを聞いた沙門は経を説き、さらに聞いてもらいたいために食を忘れて七日間、説き続けた。聞法の功徳によって蛇は命終して天に生まれ、数カ月後、仏に花を献じた。これを見た人々は、その所作を怪しんだ。

 虚空に飛んで

「わたしは阿耆達王である。沙門の恩を受け、法を聴いて天に生ずることができた。今ここにきて感謝するのみである。あなた方が、もし人の臨終に立ち合う時は臨終を妨げないように病者の心を守らなければならない」

と誡めたのである。

 これは「雑譬喩経」に説かれていて、「大蔵一覧」や「沙石集」に紹介されている。日寛上人は、このことから「死期には顔に物を荒々しく掛けてはいけない。或いは掛けなくてもよい物なら掛けないほうかよいのでは」と述べられている。

(歴代法主全書八巻)

(高橋粛道)

RSS ブログ

  • 今年は「災」 2018年12月14日
    師走も中盤となった。やや寒くなって今冬が暖冬になるかどうかは、まだわからない感じがする。今年の文字は「災」とのこと。確かに、和歌山県は大きな台風が3回も来て、停電やら雨漏りやらで初めて経験するような災難だった。まだ地震もあるので油断はできない。とにかく折伏...
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • 信心できる福徳 2018年12月6日
    Facebookでいいお話を見つけましたのでお知らせ致します。 ↓ 皆様お早うございます。今日も幸せな良い日であることを心よりお祈り申し上げます。 今日の掲載文     12月1日 百千万億倍の功徳  『四信五品抄』(新編一一一五)  問ふ、汝が弟子一分の解無くして但一口に南無妙法蓮華経と称する其の位如何。答ふ、此の人は但四味三教の極位並びに爾前の円人に超過するのみに非ず、将又真言等の諸宗の元祖・ 畏・厳・恩・蔵・宣・摩・導等に勝出すること百千万億倍なり。請ふ、国中の諸人我が末弟等を軽んずること勿れ。進んで…

ページ管理人

桐本昌吾  法華講宝相寺支部所属、人生の悩みなど、正しい信心によって乗り越えていきませんか。お気軽にお問い合わせください。

カウント

Visits today: _