Home » 仏教説話 » 卞和(べんか)が璞玉(あらたま)

卞和(べんか)が璞玉(あらたま)

仏教説話

卞和(べんか)が璞玉(あらたま)

 昔、卞和という人がいて、荊山を歩き回って楽しんでいると、まだ磨いていない一尺余りの玉の石を見つけた。卞和は「これは世に比べられないほどの高貴な玉である」と思い、楚(そ)の厲(れい)王に「よく磨かせてから御覧ください」と言って献上申し上げた。早速、王は玉造りを召して見させたところ、玉造りは「ただの石です」と報告したので王は怒り、詐(いつわ)りの科(とが)は浅くないとして卞和の左足〔別本には刖(あしきり)(筋を切る刑)とある〕を斬り落としてしまった。

次に、武王が即位したので再び卞和はこの璞玉を献じた。王は喜んで、玉人を召して磨かしめた。玉人は、磨いても光が出ないのでそのように報告すると武王は怒り、卞和の右足を斬って彼を荊山に捨て去った。

かくて二十余年過ぎてもなお卞和は存命して、その璞玉を抱いて涙を流して泣いていた。

その後、武王に代わって文王が即位した。ある日、文王が荊山に狩りに出かけると、三日三夜、卞和が両足を斬られて悲泣しているのを見て「天下に足を斬らるる者は大勢いる。どうして強(あなが)ちに泣くのか」と尋ねると、卞和は「私は少しも両足を斬られたことを歎(なげ)いていません。ただ、天下に玉を知る人がなく、真玉を瓦石となし、忠事を慢事とすることを悲歎して哭(な)いているのです」と答えた。文王はこのことを聞いて玉を受け取り、城に帰って玉人に磨かせると、なんと玉より光を放ち、天地に照り輝くのであった。

この玉を行路にかけると十七輌の車を照らすので「車照の玉」と名づけ、これを宮殿にかかげると夜十二の街(まち)を輝かすので「夜光の玉」とも言った。

RSS ブログ

  • 創価学会会長自語相違録8 2019年2月20日
    特に何もないときの池田会長の自語相違録です。たくさんあるものだなあとつくづく思います。根本に関することを180度変えてしかも会員に正法の誹謗の罪障を積ませて地獄への道ずれにするのは許されることではありません。縁によっていつかは救われるのでしょうけれども、...

RSS 掲示板

  • Re瑠璃さま 2019年2月18日
    返信投稿ありがとうございます!(^^)! お問い合わせフォームからも問い合わせがありましたもので、メール返信しましたが、届かない場合もあると思い、ホームページと掲示板に書き込みました。 どうぞよろしくお願い致します。

ページ管理人

桐本昌吾  法華講宝相寺支部所属、人生の悩みなど、正しい信心によって乗り越えていきませんか。お気軽にお問い合わせください。

カウント

Visits today: _