Home » 仏教説話 » 亀の報恩

亀の報恩

仏教説話

亀の報恩

寛平(かんぴょう)法皇(宇多天皇の出家後の称)の昌泰元(八九八)年十月二十日、法皇は大井河の紅葉叡覧のために御幸(ごこう)した。

 その時、和泉大納言定国が供奉(ぐぶ)していた。嵐山の山嵐(やまおろし)が烈しく吹いたので定国の烏帽子(えぼし)は河に吹き飛ばされたが、取るにも取れなかった。

 定国が袖で髻(もとどり)を抱えていると、御幸に随行していた如無僧都という人が香爐(こうろ)箱から烏帽子を取り出して差し上げたので、人々を驚かせることになったが、これは高名である。

 山陰中納言が大宰大弐(だざいだいに)として二歳になる子息を連れて筑紫に下った。

 河尻より船に乗り、海に浮かんで漕いでいると乳母(うば)がどうしたのか、うっかりしてか子供を海中に落としてしまった。中納言はあわてて騒いだけれども茫々とした水底では、どうにも救いようがなかった。

 けれども、二歳の子供は遥か沖の波に浮かんで流されずにいた。船を漕いで近付いてみると大きな亀の甲に乗っていた。子を抱き上げ、船内に入れると亀は船に向かって涙を流していた。

 中納言は不思議に思い、亀に向かって、

 「この有り難い志は言葉では言い尽くせない。本当に有り難う」。

 と言うと、亀は海に潜って姿を消した。

 その夜、夢に亀が現れて言うには、

 「この若君の母御前は、昔、御宿願があって、天王寺詣りをしていました。その時、渡辺(わたなべ)の橋のほとりで漁夫が鵜飼(うつかい)亀を取りつつ、私を殺そうとしました。

 母御前は哀れに思い、御自分の御小袖で買い取り、『おのれは畜生だけれども、この志を思い知れ、遠き守りとなれ』と言って河中に放してくれました。

 その亀とは私でございます。生々世々に忘れられず思っており、折々に守っておりましたが、生死の習いの悲しさ、母御前はこの若君をもうけて去年、亡くなってしまわれました。

 今はこの幼き人を守り、夜も昼も御身近くにおりました。筑紫に下向されましたので、私も御船に添って下っておりましたところ、継母が乳母を言いくるめて海に沈めましたので、甲の上に載せて助け、昔の母御前の御恩に奉じたのです」。

 大納言は、そこで夢から覚めた。彼の二歳の幼人とは、如無僧都のことである。

 これは『宇治拾遺』や『源平盛衰記』に見え、畜類の報恩を記したものである。

(歴代法主全書八巻)

(高橋粛道)

RSS ブログ

  • 今年は「災」 2018年12月14日
    師走も中盤となった。やや寒くなって今冬が暖冬になるかどうかは、まだわからない感じがする。今年の文字は「災」とのこと。確かに、和歌山県は大きな台風が3回も来て、停電やら雨漏りやらで初めて経験するような災難だった。まだ地震もあるので油断はできない。とにかく折伏...
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • 信心できる福徳 2018年12月6日
    Facebookでいいお話を見つけましたのでお知らせ致します。 ↓ 皆様お早うございます。今日も幸せな良い日であることを心よりお祈り申し上げます。 今日の掲載文     12月1日 百千万億倍の功徳  『四信五品抄』(新編一一一五)  問ふ、汝が弟子一分の解無くして但一口に南無妙法蓮華経と称する其の位如何。答ふ、此の人は但四味三教の極位並びに爾前の円人に超過するのみに非ず、将又真言等の諸宗の元祖・ 畏・厳・恩・蔵・宣・摩・導等に勝出すること百千万億倍なり。請ふ、国中の諸人我が末弟等を軽んずること勿れ。進んで…

ページ管理人

桐本昌吾  法華講宝相寺支部所属、人生の悩みなど、正しい信心によって乗り越えていきませんか。お気軽にお問い合わせください。

カウント

Visits today: _