Home » 仏教説話 » 無空の執着

無空の執着

仏教説話

無空の執着

 無空の姓は橘である。東大寺に出家して密教を学び、念仏を修していた。

 晩年、無空は自己の有する資産が僅少であるので心配なことが起こった。

「今、自分はあまりにも貧しい。このまま死んでしまえば弟子達が苦労するであろう、今日から葬儀料を蓄積することにしよう」

と思って始めだした。やがて万銭を貯えて坊の梁間に隠し置いたが、銭の存処(ありか)を知る者は一人もいなかった。

 延喜二十一(一五八一)年、無空は病に倒れ、その年の六月に死去したが、今際(いまわ)の際に銭については弟子達に何も言わなかった。

 無空の友人に仲平という者がいた。ある日、仲平は無空の夢をみた。衣服は破れ、顔は垢で汚れ、身体も痩せ衰えていた。

「我は伏貨(隠し蔵した銭貨)のために蛇身に生まれた。どうか君が、その銭を使って法華経を写してほしい。そうすれば必ず、わたしは苦趣から逃れることかできよう」

と告げた。

 仲平は目を覚まして感慨し、すぐに無空の坊に行ってみると、果たして梁間から銭を探し得た。銭の中に小蛇が一匹いたが、仲平を見て逃げ去った。

 仲平はこの銭を使い、比丘に法華経を書写してもらい、願主となって追善の法要を営んだ。その日の夜、夢の中に無空が現れたが、前と違って衣服は鮮潔で顔色も悦沢であった。そして手に香炉を持ち、

「わたしは君の回向によって蛇身から脱して今から仏国土へ行く」

と礼を告げて空中に飛んで姿を消したのであった。

 これは「元亨釈書」に説かれている。

臨終には心に留まる財宝等は見せてはならないのである。

(歴代法主全書八巻)

(高橋粛道)

RSS ブログ

  • 今年は「災」 2018年12月14日
    師走も中盤となった。やや寒くなって今冬が暖冬になるかどうかは、まだわからない感じがする。今年の文字は「災」とのこと。確かに、和歌山県は大きな台風が3回も来て、停電やら雨漏りやらで初めて経験するような災難だった。まだ地震もあるので油断はできない。とにかく折伏...
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • 信心できる福徳 2018年12月6日
    Facebookでいいお話を見つけましたのでお知らせ致します。 ↓ 皆様お早うございます。今日も幸せな良い日であることを心よりお祈り申し上げます。 今日の掲載文     12月1日 百千万億倍の功徳  『四信五品抄』(新編一一一五)  問ふ、汝が弟子一分の解無くして但一口に南無妙法蓮華経と称する其の位如何。答ふ、此の人は但四味三教の極位並びに爾前の円人に超過するのみに非ず、将又真言等の諸宗の元祖・ 畏・厳・恩・蔵・宣・摩・導等に勝出すること百千万億倍なり。請ふ、国中の諸人我が末弟等を軽んずること勿れ。進んで…

ページ管理人

桐本昌吾  法華講宝相寺支部所属、人生の悩みなど、正しい信心によって乗り越えていきませんか。お気軽にお問い合わせください。

カウント

Visits today: _