ホーム » 創価学会 » 創価学会・公明党への非難

創価学会・公明党への非難

創価学会

内部からのことであると思われるが、原田会長はじめ現執行部の退陣要求のようなものがなされているようだ。
ここ田舎の方では組織の引き締めに躍起であるためか、そういった動きはないようだが、起こっているところでは、かなり激しいものがあるのではないだろうか。
教義面でも、おかしなところがあり、現証面でも悪い現証に苦しむ人もいると聞く。
この動きは、今後ますます広がっていくのではないだろうか。
これを機に創価学会の誤りに気づいて一日も早く脱会し、正法に帰して頂きたいものである。

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
携帯電話は090-3656-1453

RSS ブログ

  • 広布推進会(後半決起大会) 2019年7月16日
    15日は、奈良仏覚寺にて後半の決起大会となる広布推進会に参加しました。折伏の報告、決意ともにいつもと違う方が発 […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • Re: こんにちは 2019年7月16日
    管理人さんへのお返事です。 成る程分かりました、それでは、実際に住職さんと管理人さんと私で顔合わせでお話しませ […]
    砲台
管理人にツィート(このツィッターボタンから管理人にツィートできます)⇒

カウント

Visits today: _