ホーム » 諸宗教破折 » 厭世観を助長する浄土思想は間違いだー浄土念仏系

厭世観を助長する浄土思想は間違いだー浄土念仏系

 諸宗教破折
 厚生労働省は本年四月、令和二年(昨年)の自殺者数が1万千八十一人(前年比九百十二人増)だったと発表した。
 平成二十二年からの十年間は減少傾向が続いていたが、新型コロナウイルスの感染拡大が影響してか増加に転じたと、新聞各紙が報じていた。
 女性と若者で自殺者増の傾向との特徴も言われているが、例えば、アルバイト先がなく、お金を手にできないため食べるのに困った大学生も大勢いる。さりとて故郷の両親には頼れないと悩んだり、この先学業を続けられるのかと、心細さや将来への閉塞感で生きづらさを感じているだろう。
 また、日々の報道の中、医師や看護師が「自分も罹患するかも知れない」「自分が感染を拡げてしまったら」「仕事で新型コロナウイルス患者と接触せざるを得ないため、我が子が差別を受ける」と、不安や悩みを抱える心情を吐露していた。懸命に医療を施しても。目の前で患者が亡くなっていくという職場に長時間勤務することで、心身が疲弊しないわけがない。
 挙げればきりがないが、このたびのコロナ禍は百年に一度という大きな禍であり様々な立場の人々が、一様でない理由で苦しみをけて」と声をあげられずに孤立する人、八方塞がりに感じている人が、どれだけいることだろう。
 このような、多くの人が苦しみを感じている状況にあって、元来の目的である、人々を救うことのできる真の宗教は何だろうか。
 今生きる世界を忌避する教え
 ちなみに、日本一の信徒数を誇る浄土宗・浄土真宗は、「厭離穢土・欣求浄土」といって、穢れた国土であるこの婆婆世界を厭い離れ、阿弥陀仏の住む極楽浄土に往生(生まれ変わる) すべきことを説く。
 これは、「私たちが生き一る娑婆世界は悩み苦しみが多く、そこに生きる我々の命もまた汚れている。だから、穢れた我が身と姿婆世界は諦めて、死んだ後に極楽浄土に生まれ変わろう。
 そのために南無阿弥陀仏を唱えよう」というものだ。
 そんな浄土系寺院も、支え合ってコロナ禍を乗り越えましょうなどとメッセージを出しているらしい。
 とんでもないことだ。真っ向から大きな困難にぶつかり心身共にボロボロの状態で、極楽浄土を渇仰して念仏を唱えでもしたら、心底この世が嫌になって生気を失うに決まっている。
「娑婆即寂光」の法華経
 対して、仏の説く正しい教えはどうだろう。
 法華経の教えは念仏と正反対だ。『寿量品』には、「我常在此。説法教化 (我常に此の娑婆世界に在って、説法教化す)」(法華経431ページ)
と、娑婆世界こそ釈尊が常に住む仏国土と説く。
 法華経『寿量品』の肝心である御本尊を信じ「南無妙法蓮華経」を唱えれば、我が身に仏の境界を得、苦しみの多いこの娑婆世界がそのまま「寂光土 (仏の国土)」となるという教えだ。
 白蓮華は、汚泥の中から茎を伸ばし白く美しい花を咲かせる。汚泥の如き姿婆世界に生きる我々の命も、ふだんは汚れている。 しかしひとたびこの御本尊に縁すれば、汚泥にまみれず蓮華が咲き香るように、凡夫の拙い命に隠れていた仏の尊い命が現われてくる。
 そもそも釈尊が仏法を説いた目的は、現実に生きて苦しみに直面する人を救うことではないか。「今の人生は諦めてください」という仏の往生」は、断じて釈尊の本心ではない。
 日蓮大聖人は『立正安国論』に、人々が正法に帰依すれば、「三界(この世界は皆仏国なり(中略)十方(この世界)は悉く宝土なり」(御書 二五〇ページ)
と、仏国土が顕現することを明言されている。
今が折伏を行ずべき時
 言うまでもなく悪世末法の今、人々を幸せにする真の宗教は日蓮正宗のみ。これを人々に伝えられるのは、そのことを知っている
我々、日蓮正宗僧俗だけだ。
 御法主日兄上人猊下の御指南のもと、地涌の菩薩の眷属としての尊い使命を自覚し、人々が苦しんでいる今こそ、我々は折伏を行ずる時と心得るべきだ。

RSS 宝日記

  • 法華講員のインターネット 2021年6月24日
    最近、日蓮正宗寺院や法華講員によるホームページやブログ、SNSなどが増えてきたように思う。玉石混交のインターネ […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • 管理人さん 2021年6月20日
    おはようございます。 管理人さんからこちらへの個人的な連絡ももういっさい必要ないので、それだけお伝えします。
    あけぼの

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。宝相寺は日蓮正宗総本山大石寺の末寺です。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。
お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
電話でも受け付けております。
携帯090-3656-1453

カウント

Visits today: _