ホーム » 諸宗教破折 » 正しい宗教で 真の先祖供養を

正しい宗教で 真の先祖供養を

諸宗教破折

東京タワーから見下ろすと、一角に異様な建物が見える。新宗教「霊友会」の中心的な建物「釈迦殿」である。
 同会の二代目会長時代に展開したキャンペーンが、今も謳う「いんなあとりつぷ……」(人間の心に帰ろうという意味だそうだ)。人の心をキャッチする狙い
のフレーズだが、内面世界への旅ということか?。

 先祖を本尊?
霊友会は、久保角太郎が創立した在家教団で、今年で百年になる。久保が仏教思想家・西田無学の教えに触れたことから始まるが、西田は不軽菩薩を自称し、
法華経『見宝塔品』の「平等大慧・教菩薩法・仏所護念」(法華経三三六ページ)
の「仏所」を、先祖のいる場所や仏心のある場所として、そこは子孫や人々の念で護られるという我意我見の教義を立てていた。
 これに傾倒した久保が、「仏所護念の本尊」を標榜するに至る。
 先祖全体を括る総戒名なるものをつけ、それを本尊として信徒に祀らせる。

 信徒は、法華経を抜粋した経文と題目を唱え、ひたすら先祖供養に徹する。それて先祖と繋がっている自分へも経を読むことになるのだとか。ふだんの行いも
改めれば、先祖供養と相まって不幸の因縁を断ち切ることができ、安泰になるのだ、という。
 だが、法華経のどこを読んでも、先祖を本尊とすることは説かれていない。そもそも、先祖も同じ凡夫だから、我々を救う力など持ち合わせてはいない。それ
を本尊として供養するのは、誤った供養であり、かえって先祖も苦しみが増えていくばかり。有り難迷惑な話であろう。
 「いんなあとりっぷ」できた?
 霊友会を語るに当たり、もう一人欠かせない人物が久保の兄嫁ヽ小谷喜美だ。
 彼女は久保の指導のもと、霊能者としての修行を始めた。真冬に浴衣一枚で生活する、真夏に布団を首までかけて一日中過ごす、毎日数時間頭から水をかぶ
るなどで、これでは心身共に降むのは当然。
 こうしてついに、自称霊能者・小谷の出来上がり。
 久保は、そんな小谷を名誉会長に据え、自らは理事長として女性信者を次々に霊能者に育て上げ、先祖供養を唱えて活発な布教活動を繰り広げた。
 久保の死後、霊友会は小谷の独裁体制となったが、小谷が麻薬所持で摘発されたり、赤い羽根募金の業務上横領事件を起こし、教団が混乱。霊友会は分裂して
いく。
 さらに小谷の死後、久保の次男・継成が二代会長に就任するが、その後、反対派に押し出されて脱退し、新宗教「在家仏教こころの会」を設立。
 小谷も久保を先祖として供養しただろうし、継成も久保と小谷を含め先祖供養を実践したことだろうに。
 彼らの身に現われた混乱や分裂の現証こそ、いんなあとりっぶの成果(?)である。迷いの凡夫が自己の内側を覗いてみたとしても詮がない。というか、現証
として露呈しているのだ。
 重ねて言えば、霊友会の歴史に、既に迷いから抜けられない実態が表われ、それは内情と一致する。法華経に本末究竟等」とあるではないか。

 正しい信仰こそ肝要
 法華経と先祖供養等の組み合わせで、教義らしく作り上げただけだから仕方ない。が、日蓮大聖人が、
  「三世の諸仏も妙法蓮華経の五字を以て仏に成り給ひしなり。三世の諸仏の出世の本懐、一切衆生皆成仏道の妙法と云ふは是なり。是等の趣を能く能く心得て、仏になる道に我慢偏執の心なく南無妙法蓮華経と唱へ奉るべき者なり」
(御書1323頁)
と仰せのように、本門戒壇の大御本尊を信じ、正しく題目を唱え御本尊と境智冥合し、まずは自らが境界を開いていくことが肝要である。その上で、自分の
功徳を故人に回向することで、本当の先祖供養となる。
 誰もが大切にする先祖供養の尊い志を、インチキ霊能者と共謀して悪用する宗教もどきを信仰するなら、旅の終着駅は「地獄と不幸」になってしまう。
 行き着く前に、迷いの旅から会員を救っていかなくてはならない。

RSS 宝日記

RSS 掲示板

  • 暑中お見舞い申し上げます 2021年7月13日
    いよいよ最も暑い季節となってきました。 皆さん、酷暑のみぎり、お体をご自愛下さい。
    管理人

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。宝相寺は日蓮正宗総本山大石寺の末寺です。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。
お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
電話でも受け付けております。
携帯090-3656-1453

カウント

Visits today: _