ホーム » 諸宗教破折 » 真言宗破折

真言宗破折

諸宗教破折
8/23/2017

概 論
真言宗とは、弘法大師・空海(くうかい)が東寺を根本道場として弘めた東密(とうみつ)を指している。ここでは、日本天台宗所伝の密教、いわゆる台密(だいみつ)も併せて破折する。
真言宗の成立については、大日如来が色究竟天法界宮にて『大日経』を、金剛宮にて『金剛頂経(こんぎょうちょうきょう)』をそれぞれ説き、これらの法門を金剛薩埵(さった)が結集した。後に、これらは竜樹から竜智へ、そして竜智は『大日経』を善無畏に、『金剛頂経』を金剛智にそれぞれ伝付したとしている。
その後、善無畏(ぜんむい)は印度から、開元四年(七一六)に入唐して、『大日経』と『蘇悉地経(そしっちきょう)』を漢訳し、金剛智も開元八年(七二〇)に入唐して『金剛頂経』と『瑜伽論(ゆがろん)』等を訳して不空・恵果等へ伝授したのである。
東密については、延暦二十三年(八〇四)に空海が入唐し、恵果を師範として金剛・胎蔵両部の相承を受けて帰朝し、大同二年(八〇七)十一月に真言宗を開宗した。
その後、高野山に金剛峯寺(こんごうぶじ)を開創し、更に弘仁十四年(八二三)には、東寺を勅賜(ちょくし)され、真言密教の中心的な道場として教勢を展開したのである。
空海没後、東密は真済(しんぜい)、真雅(しんが)をはじめとする十大弟子によって継承されたが、後に胎蔵界を表とする広沢流と金剛界を表とする小野流とに分かれ、以後、更に多数に分派していった。
現在これを大別すると、高野山を総本山とする古義真言宗と、智山派・豊山派の新義真言宗とになる。
次に、台密については、日本天台の祖である伝教大師・最澄が、延暦二十三年(八〇四)に入唐した際、道邃(どうずい)・行満(ぎょうまん)より天台法華の法門を伝授され、傍ら順暁(じゅんぎょう)より密教も相伝したが、後に三祖の慈覚は全雅(ぜんが)から、五祖の智証は般若怛羅(はんにゃたら)からそれぞれ密教を伝授されたことにより、叡山は慈覚・智証以後、次第に密教化し、『法華経』より『大日経』の方が勝れているとする邪義を取り入れていったのである。

本 尊
それぞれの宗派によって多少異なりはあるが、主に大日如来を立てており、そのほか金剛・胎蔵両界の曼荼羅、あるいはその諸尊などを本尊とするところもある。

教 義
根本経典は、『大日経』『金剛頂経』『蘇悉地経』の真言三部経と竜樹造、不空訳の『菩提心論』等のいわゆる三教一論を中心として成り立っている。
『大日経』には、胎蔵界の曼荼羅が説かれており、胎蔵界とは、大日如来の理の平等を示すものとする。これは衆生の因徳を示す義で、含蔵・摂持の二義があり、含蔵とは、衆生の心には本来菩提心が存するということ、摂持とは、衆生が成仏の種子をもっているということである。
次に『金剛頂経』には、金剛界の曼荼羅が説かれており、金剛界とは、大日如来の智の差別、すなわち仏の果徳を示すものとする。金剛とは堅固不壊の義で、如来の智は一切の煩悩をも打ち砕いて無上の理を悟り得るということである。
また『蘇悉地経』には、真言の持誦・潅頂・諸曼荼羅及び仏果を得るための種々の成就法が説かれており、特に台密ではこの経を重視している。
これらをもとに、空海は、『十住心論(じゅうじゅうしんろん)』『秘蔵宝鑰(ひぞうほうやく)』等を作って真言宗を立て、その中で『法華経』は第三の戯論・無明の辺域であるとして、寿量品の釈尊を捨てて大日如来を本尊としたのである。
また、『大日経』等の密経と『法華経』等の顕教とを比較対照して勝劣・浅深を判じ、密教は大日法身如来が法界宮や色究竟天等において菩薩のために説いた経典であり、『法華経』等の顕教は二乗のために説かれた経であって、『大日経』は大日法身の説であり、『法華経』は釈迦応身の説であるから教主も異なり、また対告衆も異なるので、法華の顕教は大日の密教に遠く及ばず、即身成仏はただ真言に限るとしている。
そして、真言とは〝仏の説いた真実の言葉〟であり、絶対者・大日如来が宇宙根本の真理であるとする。また、教判として、根本の真理である真言自体は、仏の悟りの深遠な境地であるから、常日頃の言葉や論理では到達することのできない秘密の境地であるとしている。
次に、台密の慈覚・智証等は、『法華経』と『大日経』とは一念三千の理は同じであるが、『大日経』には更に身業印契・口業真言の法門が説かれているため、『大日経』の方が勝れている、いわゆる理同事勝(りどうじしょう)の義を立てるのである。

破 折
①法華経を第三の戯論と称する邪義
空海は、『大日経』の住心品と『菩提心論』をもとに十住心を立て、これによって真言と他宗を判釈するが、その中で、第一より第五までを凡夫の善人と悪人・外道・声聞・緑覚に配し、第六を法相宗、第七を三論宗、第八を天台宗、第九を華厳宗、そして第十を真言宗に配して、真言を最極無上の宗としている。よって『法華経』は『華厳経』の次であることから、三重の劣とするのである。
しかし、『大日経』の住心品に、実際にその文言があるかということについて、大聖人は、

「法相・三論・華厳に配する名目は之(これ)なし。(乃至)文義共に之れなし」(御書三0六㌻)

と、文もなければ義もないと仰せである。空海の依経とする『大日経』『金剛頂経』『蘇悉地経』を尋ね見ても、この文は存在せず、法華を第三の戯論と貶す義が、空海の己義・虚言であることは明白である。

② 密経は法華の顕教に勝るという邪義
この説は、本来、釈尊の化導には方便と真実があり、四十余年の説教は方便権教であることを隠蔽した邪義であることはいうまでもない。
このような大日を釈尊に勝るとする空海の説が、所依の経である真言三部経に説かれているかといえば、やはり、それらの証拠となるべき文も義もないのである。
すなわち、『大日経』の五には、
「中央は毘盧舎那如来(びるしゃなにょらい)、東方は寶幢如来」
とあり、『金剛頂経』には、
「中央釋迦牟尼如来、東方不動如来」
とある。これらの経文に説かれる中央の如来とは、『普賢経』に、
「釋迦牟尼佛を毘盧舎那と名く」
更に、『華厳経』に、
「釋迦の異名を毘盧舎那と名く」
と説かれるのと同義であって、本来、諸経典には毘盧舎那を釈尊の異名とする意義が説かれているのである。
また、毘盧舎那を法身、盧舎那を報身、釈迦を応身に配する説もあるが、真言でいう大日法身とはこの三身を各々別々に見た上での法身の徳を形容して立てた名称にすぎない。
ゆえに『真言天台勝劣事』に、

「大日法身と云ふは法華経の自受用報身にも及ばず。況んや法華経の法身如来にはまして及ぶべからず」(御書四四八㌻)

と仰せのように、『法華経』の三身相即の上の法身との勝劣は明らかなのである。
更に、仏には必ず八相成道が具わるのであり、大日如来が我々を成仏させることができる仏であるとするならば、釈尊のように、八相成道(はっそうじょうどう)をもって世に出現していなければならない。
大聖人が『法華真言勝劣事』に、

「釈迦如来より外に大日如来閻浮提(えんぶだい)に於て八相成道して大日経を説けるか」(御書三一一㌻)

と御教示されるように、釈尊は、その時機に応じて、結縁の衆生を救うべく、現実に印度に応誕して十九歳で出家され、三十歳で菩提樹下にて無上道を得、以後、八十歳で涅槃されるまで衆生を教化されたのである。しかし、大日如来には、このような仏としての八相成道が全く存在していない。
大聖人が『祈祷抄』に、

「大日如来は何(いか)なる人を父母として、何なる国に出で、大日経を説き給ひけるやらん」(御書六三四㌻)

と仰せのとおり、実際に『大日経』が説かれた経緯が全く不明なのである。
よって、大日如来は本来、釈尊の化他の説教中に出ずる分身としての法身仏であることが明白であり、これを空海が寿量品の釈尊よりも勝れるなどとすることは、本末転倒の邪説というべきである。

③ 台密の理同事勝を破す
台密の慈覚・智証は、『大日経』について理は『法華経』と同じであるが、『法華経』にはない身業印契・口業真言の法門が説かれているゆえ、『大日経』が勝れるとする。
まず、理が同じとは、『法華経』のみに説くところの一念三千の法門が『大日経』にもあるというものであるが、これは慈覚・智証が入唐後に、善無畏・金剛智等の説に誑かされて、真言と天台を習い損(そこ)ね、天台に背いて立てた邪義なのである。
彼等は、『金剛頂経疏』や『蘇悉地経疏』を作成して、この邪義を主張しているが、その根拠は善無畏の『大日経疏』による。
『大日経疏』とは善無畏が中国に『大日経』を弘めるために作成した魔書であり、当時、特に勝れていた天台宗の法門を盗み入れ、大日経が法華経と並ぶ高い経典であるとしたものである。
これを大聖人は、

「真言・大日経等には二乗作仏・久遠実成・一念三千の法門これなし。(中略)天台の一念三千を盗み入れて真言宗の肝心として」(御書五五五㌻)

と御教示されている。
また、一念三千の法理を天台宗から盗んだ善無畏は、更に天台宗に勝とうとして、

「其の上、印と真言とをかざり、法華経と大日経との勝劣を判ずる時、理同事勝の釈をつくれり」(同)

と示されるように、身業印契・口業真言を取り入れ、『大日経』は『法華経』より勝れるとしたのである。
しかし、大聖人が

「此等は併(しか)しながら訳者の意楽に随ふ。広を好み略を悪む人も有り。略を好み広を悪む人も有り」(御書六一二㌻)

と仰せのごとく、身業印契・口業真言は、その経を訳す者の意楽によって取捨されるのであり、『大日経』以外にもいくらでもあることから、印契・真言自体がそれほど尊ばれるべきものではない。『法華経』においても『方便品』に、
「為に実相の印を説く」(開結一一一㌻)
とあり、『譬喩品』にも、

「我が此の法印は」(開結一七三㌻)

とあるように、ただ略して詳しく説かれていないだけである。要は、教の勝劣が基本とならねばならないのである。
以上、真言宗の教義を検証したが、道理のうえからも、また文証からも、善無畏や空海の主張が欺瞞と誑惑に満ちたものであることが理解されよう。
そして、更に真言の祈祷により起こった、他国侵逼・自界叛逆の大難こそ、真言宗が邪義悪法の証拠であるとの大聖人の御指南を深く拝すべきである。
末法においては、『法華経』の肝心たる南無妙法蓮華経の御本尊を離れては、真の事勝たる即身成仏も立正安国の実現もないことを知るべきである。

(大白法 第四三五号 平成七年七月一日)

RSS 宝日記

  • パンフレットにスタンプ押印 2021年8月4日
    配布用のパンフレットにスタンプを押しました。今回は、気持ちを込めて自分自身でスタンプを押してみた。
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • 暑中お見舞い申し上げます 2021年7月13日
    いよいよ最も暑い季節となってきました。 皆さん、酷暑のみぎり、お体をご自愛下さい。
    管理人

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。宝相寺は日蓮正宗総本山大石寺の末寺です。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。
お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
電話でも受け付けております。
携帯090-3656-1453

カウント

Visits today: _