ホーム » 正しい宗教と信仰 » 宗教を判定する場合の基準にはどのようなものがあるか。

宗教を判定する場合の基準にはどのようなものがあるか。

正しい宗教と信仰

宗教を判定する場合の基準にはどのようなものがあるか。

正しい宗教の条件としては、まず人間の世界を離れた架空の世界を基盤とした宗教ではなく、人間のための宗教であり、人間がよりよく、幸せに生きるための宗教であることが大事です。そのためには、正しい生命観に基づき、正しい道理を備え、全人類を救済する現実の力をもった宗教であることが大切です。

ではどのような方法で宗教を判定したらよいのでしょう。

日蓮大聖人は、次のような基準をもって宗教の正邪を判定することを教えられています。  

1.三証(さんしょう)=文証、理証、現証のことをいいます。

文証とは、経論などによる証拠であり、教えが独断ではなく、仏の説いたお経によっても裏付けられるかどうかを確かめることです。

理証とは、教えが因果の道理にかなっているかどうかを確かめることです。

現証とは、その教えが単に理論のみの観念ではなく、現実の人間の生活の上にどのように証明されるかを確かめることです。  

2.五義(ごぎ)=教(きょう)・機(き)・時(じ)・国(こく)・教法流布の先後(きょうぼうるふのせんご)の五つを知ることをいい、宗教の五綱(ごこう)ともいいます。仏法を広めるに当たっての規範であり、この観点に基づいて正しい宗教を選択することです。

「教を知る」とは、仏菩薩の説いた経律論や、あらゆる思想哲学宗教の勝劣浅深(しょうれつせんじん)を見究めることです。

「機を知る」の機とは衆生の機根(きこん)であり、教えを受け入れられる状態にあるかどうかを見定めることです。

「時を知る」とは、広まる教えに相応した時代であるかどうかを知ることです。

「国を知る」とは、それぞれの国が、どのような教えに縁のある国かを知ることです。

「教法流布の前後を知る」とは、先に広まった教えを知って、次に広まるべき教えを知るということです。

この五義のうちの、教の勝劣浅深を判定する基準として、五重相対(ごじゅうそうたい)、五重三段(ごじゅうさんだん)、四重興廃(しじゅうこうはい)、四重浅深(しじゅうせんじん)、三重秘伝(さんじゅうひでん)などがあります。

このなかの主なものを簡単に説明しますと、「五重相対」とは、内外(ないげ)相対・大小(だいしょう)相対・権実(ごんじつ)相対・本迹(ほんじゃく)相対・種脱(しゅだつ)相対の五重であり、仏教以外のすべての教えと仏教との比較検討から始まり、小乗教より大乗教、権大乗教より実大乗教、法華経迹門(しゃくもん)より本門、文上脱益(もんじょうだっちゃく)より文底下種(もんていげしゅ)と、次第に高度な教えを選択していく方法です。

「四重興廃」とは、釈尊の教えを、爾前経(にぜんぎょう)、法華経迹門、法華経本門、観心(かんじん)、と従浅至深(じゅうせんしじん)して勝劣興廃(しょうれつこうはい)を判じることです。

これらの基準に基づいてさまざまの角度から判定を重ねるとき、初めて唯一の正法を選定することができるのです。

日蓮正宗 宝相寺支部

法華講員によるページです。

RSS 宝日記

  • 創価学会、顕正会は正しくない! 2018年11月15日
    インターネットで検索してみると、創価学会、顕正会が正しくないことがよくわかる。動画などでも配信されているので迷 […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • Re,いなほねこ様 2018年11月5日
    こんばんわ。 いなほねこ様、また行き違いになりましたね。 掲示板のことですから仕方がないですが(汗 その後、お […]
    管理人

管理人プロフィール

桐本昌吾
和歌山県田辺市在住、法華講宝相寺支部所属 人生の悩み等ありましたら、正しい仏法で乗り越えていきましょう。お気軽にご相談ください。 クリック→お問い合わせ