ホーム » 正しい宗教と信仰 » 信仰は本人の自由意志によるべきで、他人に強要することはよくない

信仰は本人の自由意志によるべきで、他人に強要することはよくない

正しい宗教と信仰

信仰は本人の自由意志によるべきで、他人に強要することはよくない

たしかに信仰は他人に強要すべきものではありません。また、他人に強要されてできるものでもありません。日蓮正宗でいうところの折伏(しゃくぶく)とは、人に信仰を強要することではなく、日蓮大聖人の教えの尊さと、自ら体得した信心の感動を、一人でも多くの人に語り伝え、喜びを分ち与えたいと思う慈悲心(じひしん)の発露(はつろ)なのです。

たとえば、病気の子供が苦いからといって薬を飲まない時、親はそのままにしておくでしょうか。無理をしてでもその子に薬を飲ませるのではないでしょうか。

折伏とは、まさにこれと同じです。なぜなら、日蓮大聖人の仏法は、大良薬(だいりょうやく)に譬(たと)えられ、人間が生きてゆくための真理が説かれているからです。

真実の仏法を知らない人は人生の真の目的を知ることもなく、正法の功徳(くどく)を受けることもできず、無味乾燥の一生を虚(むな)しく送ることになります。そのようなことのないよう、真実の仏法を一人でも多くの人に伝えたいと思う慈悲の心が、折伏という行動として現われてくるのです。

また、親なればこそ、我が子にやっていいことと、やってはいけないこととを厳しくしつけるように、折伏とは正邪のけじめを正しい仏の教導(きょうどう)にしたがって諭(さと)し示すことでもあります。

ですから、日蓮正宗の折伏は人に信仰を強要することではなく、人生の真理を伝え、喜びを共に分かちあいたいという大きな慈悲行なのです。

日蓮正宗宝相寺支部
法華講員によるページです。

RSS 法華講宝日記

  • お彼岸 2018年9月24日
    昨日は、彼岸の中日とあって、お寺での彼岸会法要に参詣させて頂きました。その後、塔婆を持って実家の方のお墓参りに […]

RSS 交流談話室

  • (無題) 2018年9月21日
    法華講員さんのブログもここ数日活発になってきました。 いなほねこ様にちなんで猫関連のブログの題があったので紹介 […]
    管理人