ホーム » 日記 » 11月度広布唱題会の砌

11月度広布唱題会の砌

n

 日如上人猊下お言葉
 本日は、十一月度の広布唱題会に当たり、皆様には諸事万端御繁忙のところ、信心強盛に参加 され、まことに御労さまでございます。
 既に皆様も御承知の通り、今、新型コロナウイルス感染症が一時より下火になったとはいえ、い まだ油断ならない状況にありますが、かくなる時こそ、私どもはしっかりとお題目を唱え、
「早く天下の静謐を思は 須く国中の謗法を断つべし」(御書 二四七ページ)
との御金言のままに、講中一結・異体同心して折伏を行じ、妙法広布に邁進していかなければならないと思います。
 大聖人様は『持妙法華問答抄』に、
「『三界は安きこと無し、猶火宅の如し』とは如来の教へ『所以に諸法は幻の如く化の如し』とは菩薩の詞なり。寂光の都ならずば、いずくも皆苦なるべし。 本覚の栖を離れて何事か楽しみなるべき。願はくは『現世安穏後生善処』の妙法を持つのみこそ、只今生の名聞後世の弄引なるべけれ。 須く心を一にして南無妙法蓮華経と我も唱へ、他をも勧めんのみこそ、今生人界の思出なるべき」(300ページ)
と仰せであります。
 この御金言を拝する時、私どもは値い難き生をこの世に受け、さらに値い難き仏法に巡り値えた身の福運を心から喜ぶとともに、この妙法を一人でも多くの人々に伝え、折伏していくことが、いかに大事であるかを知らないればなりません。
 大聖人様は『南条兵衛七郎殿御書』に、
 「いかなる大善をつくり、法華経を千万部書写し、一念三千の観道を得たる人なりとも、法華経のかたきをだにもせめざれば得道ありがたし。たとへば朝につかふる人の十年二十年の奉公あれども、君の敵をしりなが奏しもせず、私にもあだまずば、奉公みなうせて還ってどがに行なはれんが如し、当世の人々は謗法の者としろしめすべし(同322ページ)
 と仰せであります。
 まさにに、悪世末法の世相そのままに、謗法の害毒によって混沌とした現状を見る時、この窮状を抜本的に救済するするには、私ども一人ひとりが断固たる決意と勇気をもって折伏を行じ、もって不幸よ混乱と苦悩の原因たる邪義邪宗の誘法を対治し、身軽法重・死身弘法の御御訓のままに妙法広布に挺身していくことが、今、最も急務であると知るべきであります。
 どうぞ皆様には、このことをしっかりと胸に刻み、一天広布を目指し、講中一結して折代を行ぜられますよう心からお祈りし、本日の挨拶と致します。

n

RSS 宝日記

  • 2月度広布推進会に参加 2024年2月18日
    昨日、17日は2月度の広布推進会が奈良県の法雲寺にて開催それ参加致しました。実質今年初の広布推進会で出陣式の意 […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • お見舞い 2024年1月9日
    震災並びに航空機事故のお見舞いを申し上げます。

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。宝相寺は日蓮正宗総本山大石寺の末寺です。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。
お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
電話でも受け付けております。
携帯090-3656-1453

280594
Users Today : 1028
Users Yesterday : 1032
This Month : 30626
Who's Online : 16
Your IP Address : 18.207.129.175
Server Time : 2024-02-22