舂麦御書

御書2

舂麦御書  建治二年五月廿八日  五五歳  
女房の御参詣こそゆめともうつゝともありがたく候ひしか。心ざしはちがはせ申さず。当時の御いもふゆのたかうなのごとし。あになつのゆきにことならむ。  舂麦一俵・芋一篭・笋二丸給び畢んぬ。 五月廿八日勧