十章抄 

御書2

十章抄   文永八年五月  五〇歳

 華厳宗と申す宗は、「華厳経の円と法華経の円とは一なり。而れども法華経の円は華厳の円の枝末」と云云。法相・三論も又々かくのごとし。

 天台宗、彼の義に同ぜば別宗と立てゝなにかせん。例せば法華・涅槃は一つ円なり。先後に依って涅槃尚をとるとさだむ。爾前の円、法華の円を一とならば、先後によりて法華豈劣らざらんや。詮ずるところ、この邪義のをこり「此の妙彼の妙円実異ならず、円頓の義斉し、前の三を麁と為す」等の釈にばかされて起こる義なり。

 止観と申すも円頓止観の証文には華厳経の文をひきて候ぞ。又二の巻の四種三昧は多分は念仏と見へて候なり。「源濁れば流れ清からず」と申して、爾前の円と法華経の円と一と申す者が、止観を人によませ候へば、但念仏者のごとくにて候なり。但し止観は迹門より出でたり、本門より出でたり、本迹に亘ると申す三つの義いにしえよりこれあり。これは且くこれををく。

 「故に知んぬ一部の文共に円乗開権の妙観を成ず」と申して、止観一部は法華経の開会の上に建立せる文なり。爾前の経々をひき、乃至外典を用ひて候も爾前・外典の心にはあらず。文をばかれども義をばけづりすてたるなり。「境は昔に寄ると雖も智は必ず円に依る」と申して、文殊問・方等・請観音等の諸経を引きて四種を立つれども、心は必ず法華経なり。「諸文を散引して一代の文体を該ぬれども、正意は唯二経に帰す」と申すはこれなり。

 止観に十章あり。大意・釈名・体相・摂法・偏円・方便・正観・果報・起教・旨帰なり。「前の六重は修多羅に依る」と申して、大意より方便までの六重は先四巻に限る。これは妙解、迹門の心をのべたり。「今妙解に依って以て正行を立つ」と申すは第七の正観、十境十乗の観法、本門の心なり。一念三千此よりはじまる。

 一念三千と申す事は迹門にすらなを許されず、何に況んや爾前に分たえたる事なり。一念三千の出処は略開三の十如実相なれども義分は本門に限る。爾前は迹門の依義判文、迹門は本門の依義判文なり。但し真実の依文判義は本門に限るべし。

 されば円の行まちまちなり。沙をかずえ、大海をみるなを円の行なり。何に況んや爾前の教をよみ、弥陀等の諸仏の名号を唱ふるをや。但しこれらは時々の行なるべし。真実に円の行に順じて常に口ずさみにすべき事は南無妙法蓮華経なり。心に存ずべき事は一念三千の観法なり、これは智者の行解なり。日本国の在家の者には但一向に南無妙法蓮華経ととなえさすべし。名は必ず体にいたる徳あり。

 法華経に十七種の名あり。これ通名なり、別名は三世の諸仏皆南無妙法蓮華経とつけさせ給ひしなり。阿弥陀・釈迦等の諸仏も因位の時は必ず止観なりき。口ずさみは必ず南無妙法蓮華経なり。

 此等を知らざる天台・真言等の念仏者、口ずさみには一向に南無阿弥陀仏と申すあひだ、在家の者は一向に念ふやう、天台・真言等は念仏にてありけり。又善導・法然が一門は、すわすわ天台・真言の人々も実に自宗が叶ひがたければ念仏を申すなり。わづらわしくかれを学せんよりは、法華経をよまんよりは、一向に念仏を申して、浄土にして法華経をもさとるべしと申す。此の義日本国に充満せし故に天台・真言の学者、在家の人々にすてられて、六十余州の山寺はうせはてぬるなり。

 九十六種の外道は仏慧比丘の威儀よりをこり、日本国の謗法は爾前の円と法華の円と一という義の盛んなりしよりこれはじまれり。あわれなるかなや、外道は常・楽・我・浄と立てしかば、仏世にいでまさせ給ひては苦・空・無常・無我ととかせ給ひき。二乗は空観に著して大乗にすゝまざりしかば仏誡めて云はく、五逆は仏のたね、塵労の疇は如来の種、二乗の善法は永不成と嫌はせ給ひき。常楽我浄の義こそ外道はあしかりしかども、名はよかりしぞかし。而れども仏、名をいみ給ひき。悪だに仏の種となる。ましてぜんはとこそをぼうれども、仏二乗に向かひては、悪をば許して善をばいましめ給ひき。

 当世の念仏は法華経を国に失う念仏なり。設ひぜんたりとも、義分あたれりというとも、先づ名をいむべし。其の故は仏法は国に随ふべし。天竺には一向小乗・一向大乗・大小兼学の国あひわかれたり。震旦亦復是くの如し。

 日本国は一向大乗の国、大乗の中の一乗の国なり。華厳・法相・三論等の諸大乗すら猶相応せず。何に況んや小乗の三宗をや。

 而るに当世にはやる念仏宗と禅宗とは、源方等部より事をこれり。法相・三論・華厳の見を出づべからず。南無阿弥陀仏は爾前にかぎる。法華経にをいては得道の行にあらず。開会の後仏因となるべし。南無妙法蓮華経は四十余年にわたらず、但法華八箇年にかぎる。南無阿弥陀仏に開会せられず、法華経は能開念仏は所開なり。法華経の行者は一期南無阿弥陀仏と申さずとも、南無阿弥陀仏并びに十方の諸仏の功徳を備へたり。譬へば如意宝珠の金銀等の財を備へたるが如し。

 念仏は一期申すとも法華経の功徳をぐすべからず。譬へば金銀等の如意宝珠をかねざるがごとし。譬へば三千大千世界に積みたる金銀等の財も、一つの如意宝珠をばかうべからず。設ひ開会をさとれる念仏なりとも、猶体内の権なり、体内の実に及ばず。何に況んや当世に開会を心えたる智者も少なくこそをはせすらめ。設ひさる人ありとも、弟子・眷属・所従なんどはいかんがあるべかるらん。愚者は智者の念仏を申し給ふをみては念仏者とぞ見候らん。法華経の行者とはよも候はじ。又南無妙法蓮華経と申す人をば、いかなる愚者も法華経の行者とぞ申し候はんずらん。当世に父母を殺す人よりも、謀反ををこす人よりも、天台・真言の学者といわれて善公が礼讃をうたい、然公が念仏をさえづる人々はをそろしく候なり。この文を止観よにあげさせ給ひて後、ふみのざの人にひろめてわたらせ給ふべし。止観よみあげさせ給はゞすみやかに御わたり候へ。

 沙汰の事は本より日蓮が道理だにもつよくば、事切れん事かたしと存じて候ひしが、人ごとに問注は法門にはにず、いみじうしたりと申し候なるときに事切るべしともをぼへ候はず。少弼殿より平三郎左衛門のもとにわたりて候とぞ、うけ給はり候。

 この事のび候わば問注はよきと御心え候へ。又いつにてもよも切れぬ事は候はじ。又切れずば日蓮が道理とこそ人々はをもひ候はんずらめ、くるしく候はず候。当時はことに天台・真言等の人々の多く来て候なり。事多き故に留め候ひ了んぬ。