今ごろ正本堂?

Published by:

ウイキペディアには下記のように出ている。
正本堂の位置づけをめぐって

正本堂の位置づけをめぐって[編集]

日蓮正宗の宗旨における『三大秘法』には『本門の戒壇』『本門の題目』『本門の本尊』があり、『本門の題目は<本門の本尊に南無妙法蓮華経を唱えること>』、『本門の本尊は大石寺に安置されている<一大秘法の弘安2年の大御本尊>』『本門の戒壇は本門の本尊が御安置されている本堂であり、広宣流布の暁には大石寺が本門寺と名前を変えて、<本門寺(ほんもん-じ)の戒壇堂>となる』と定まっている[1][出典無効]。

また、『本門の本尊』所在の場所がいついかなる時でも<本門事の戒壇>であることが定められている[2]。

詳細は「三大秘法#日蓮正宗」を参照

正本堂の建設は1964年(昭和39年)の建立寄進打ち出しから、1972年(昭和47年)の落慶まで創価学会の主導で進んだ。学会は会長の池田大作が正本堂を「宗祖日蓮大聖人の御遺命の戒壇(三大秘宝抄)」だと見なし、宗門側にその定義の受け入れを求めたが、宗門トップの法主66世細井日達(大石寺内の堂宇の管理責任者)は訓諭で「三大秘法抄の意義を含む現時における事の戒壇(=正本堂は広布途上における殿堂=事の戒壇常在義と、未来広布の義が円融一体となって本門戒壇に備わる)」と意義づけた。正本堂の正当な管理者たる日蓮正宗のトップによるこの裁定を創価学会側が渋々受け入れるしかなかったことが、後の創価学会破門処分の一因となった。

つまり大聖人様、御遺命の戒壇との定義は受け入れられていない。
「本門の戒壇は本門の本尊が御安置されている本堂」であり、建物云々のことではないのは明らかであると思う。
しかもウイキには正本堂の「強度不足に加え、鉄骨や大理石などの構造物の腐食も目立っており、耐震性に問題があることが判明した」とのことである。

正本堂を壊したから三大秘法破壊?

Published by:

9時からの唱題行に参詣。
午後からは、活動に出る予定だったが、春期唱登山の申し込みがあるので、その準備をした。
創価学会員で、どうしても正本堂という建物にこだわる者がいるが狂っているとしか言いようがない。
建物にとらわれ、慶讃文という文にとらわれ、まったく義理、意を拝し得ない。
そのような道理の通らない人とは話すだけ無駄といういうものであろうと思う。
「仏法と申すは道理なり」(四条金吾殿御返事 新編1179頁)
道理に適っているかどうかを基準として正邪を判定する。その宗教が自説の正当性をどんなに主張しても、それが道理に適ったものでなければ、必ず破綻する。
正本堂という建物を壊したから三大秘法を壊したという論理、おおいに狂っている。

指導会と活動

Published by:

土曜日が休みをとれたので指導会に参加できました。
指導会の内容は、さておき新しい動きもあるようです。
先週は、地方部総会、今回は指導会と十分にネジは巻かれたので寒い中ではありましたが昨日は活動に出ました。
新規のところを行くことはできませんでしたが一か所で長時間話ができました。
固くても難くても他人が100回行くところを1,000回行く覚悟でめげることなく行動あるのみ。
活動できることはありがたいことだと思いました。

前半に注力

Published by:

寒中お見舞い申し上げます。

毎日寒い日が続いていますが、お元気でおられるでしょうか。
各地の行事や登山会も夏期講習まで前半に位置しています。
「行動の年」も1か月が過ぎようとしています。
先日の地方部総会でも6月までの前半が大切で、それくらいまでが「よしやろう!」の気持ちが持続されるとのこと。
寒い中ではありますが、前半の6月までを目標に「行動の年」を頑張ってゆきたい。

創価学会の害毒

Published by:

昨日の続きであるが、その元創価学会員さんは、蚊が泣くような幻聴や男の声で念仏を唱えるような声が聞こえてくるという幻聴に悩まされたとのこと。
しかも、熱心だった母親を何もいいことはなく、苦労ばかりだったとのこと。
生で聞くと本当に真に迫り生々しいものであった。
今は、さらに世話になっている大本教を付き合いでしなければならず、混乱しているようである。
創価学会員に聞いても「功徳を頂いている」と言い張る人が多いが、このように元創価学会員や脱会した人の話を聞くと一様にいろいろな災難や害毒に悩まされているのが現状ではなかろうか。
なんとか正法に帰依してほしいものである。

地方部総会

Published by:

昨日は、南近畿地方部の地方部総会でした。
全国的にも早い開催ではないかと思います。
インフルエンザが流行る中ではありましたがそれらを乗り越えて結集されました。
来賓として連合会の井出総務部長が来られご祝辞を頂きました。
布教講演では阿部美道御尊師より御法話を頂きました。
御法話を拝聴することによって更に折伏に精進しようという気持ちが高まってきました。
帰ってわずかの時間を利用して大本教のところへ折伏に行きました。
するとそこの娘さんと元母親が創価学会員だったとのこと。

創価学会の教学用語

Published by:

創価学会の教学用語の中で、微妙にこれでいいのだろうかと思うものがある。
「御本尊送り」というのは日蓮正宗では言わないとお聞きしたことがある。
慧妙紙にも載ったことがあると記憶する。
これは私の間違いかもしれませんが。
「宿命転換」
ということが法華講員になってからあまり聞かなくなったように思う。
創価学会にいるとそれらの微妙なところから狂いが生じるのではないだろうか。
そのほかにもありましたらご連絡ください。
微妙なところでの間違いがあったように思います。

ニセ本尊と戒壇の大御本尊否定

Published by:

久々の雨のように感じられる。
先週は、かなり寒かったのに今日は、17度前後と暖かくなった。
気温の急激な変動に体調を狂わせないようにご用心ください。
インフルエンザも流行っているようです。
昨日のブログにニセ本尊のことなのに戒壇の御本尊様の否定の画像がアップされていると指摘があった。
そういえば、そうかと思ったので本日は「あなたの拝んでいるのはニセ本尊ではありませんか?」というパンフレットをアップした。
ニセ本尊を拝むことはかなり危険なことですから、やめましょう。
<画像をクリックするとページに飛びます>

ニセ本尊

Published by:

不思議なことにブログを更新しないときの方がアクセスが多いように感じられる(^_^;)

創価学会の昔の指導に下記のようなものがある。

「邪宗がいくら日蓮正宗の御本尊をマネテ作ってみたところが、それこそ馬の骨なのであります。否、恐ろしい毒薬の働きをもつのであります」(大白蓮華第六十二号 二十八㌻)

と指導していたのです。

多くは言いません。そうです。恐ろしい毒薬の働きをもつのであります。