白米和布御書

御書2

白米和布御書 建治元年  五四歳  
白米五升・和布一連給び了んぬ。  阿育大王は昔得勝童子なり。沙の餅を以て仏に供養し一閻浮提の王と為る。今施主は白米五升を以て法華経に供養す。是の故に成仏し候ひ了んぬ。何故に飢えを申すべき。    乃  時                  日  蓮 花押 返  事